top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

海の怪物「クラーケン」なのか?米海軍護衛駆逐艦スタイン号を襲った謎の巨大生物

カラパイア


image credit:Edgar Etherington / public domain/wikimedia

 1978年、米海軍護衛駆逐艦「スタイン号」が、航行中に突然、不具合を起こした。

 潜水艦との衝突を回避するためのレーダーシステムが急に作動しなくなり、急遽、本拠地への航路を変更せざるをえなくなってしまったのだ。

 スタイン号は、乾ドックに着けられ、調査されることになった。船体前部の27トンもある巨大なドーム周辺に原因があると思われたが、ソナー部を調べたところ何者かに食いちぎられたかのような跡が。

 裂け目の底に巨大な歯のようなものが残されていたのだ。

巨大な何者かによって食いちぎられた米海軍の船

 スタイン号のソナー部分のゴムでコーティングされた部分はちぎれていて、表面のおよそ8%に大きな裂け目ができていた。

 裂け目の大きさは、1.2メートルにもなるものもあり、なにかとてつもなく大きな力によってダメージを受けたことは明らかだった。

 裂け目の底には巨大な歯型のようなものが残されていた。実際に見た者は、「まるでワニの群れが一斉に襲いかかったかのようだった」と証言した。

巨大な何かに襲われた米海軍護衛駆逐艦「スタイン号」 / image credit:public domain/wikimedia

ダイオウホウズキイカが犯人である可能性

 原因を探ろうと、海軍の生物学者F.G.ウッドが調査に加わった。ウッドは裂け目で見つかった歯あるいは爪が、それぞれの裂け目の幅と完全に一致していることを示し、すべて同一犯人がつけた跡であることを指摘した。

 ”歯”がイカの吸盤についている爪(吸盤の歯)と似ていたため、犯人は巨大なイカであると、ウッドは結論づけたが、未知の海洋生物である可能性も否定しなかった。

 というのも、もし、このような大きな歯をもつイカが存在するなら、その全長は自由の女神像の半分に相当する45メートルもなることになり、当時はとても考えられなかったのだ。

 これは、クラーケンなどの伝説の巨大深海イカなのか?

 今であれば、船体に食い込んでいた爪は、世界最大級の無脊椎動物「ダイオウホウズキイカ」の可能性が考えられる。

 「ダイオウイカ」も同じく、世界最大級の無脊椎動物だが、体の重さや鉤爪のつき方が違うという。

 ダイオウホウズキイカの触腕には吸盤の代わりに5cmにもなる回転式の大きな鉤爪があり、捕えた獲物を逃がさないようにかえしのようになっていて、獲物を引き裂くこともできるという。

ダイオウホウズキイカの触手についている鉤爪 / image credit:Museum of New Zealand

 このようなイカは、寿命が近づくと、海面に浮かぶ船に巻きついてくる事例が記録されている。

 この1978年の事例も、死期が近づいて海面に上がって来た巨大イカが、スタイン号にしがみついた可能性はある。

 あるいは、唯一の天敵であるマッコウクジラにも、巨大イカに襲われたような傷跡が見られることから、彼らが頻繁に激しく戦っていることは想像に難くない。

 たまたま、スタイン号の巨大な船体が、イカにとってはクジラのように見えて攻撃したのかもしれない。

 いずれにせよ、スタイン号を襲った怪物が見つかれば、史上最大の生き物のひとつだったことだろう。

 そうでなければ、巨大イカは 戦艦に挑んでも歯がたたないと悟り、深海に潜んで、死んだ船員の遺体を食べ続けるとか、クラーケンがするようなことをしたのかもしれない。

USS Stein: The Ship Attacked by a Monster Squid. Original Documentary Footage
References:The USS Stein Monster: In 1978, A Massive Creature Attacked A Navy Frigate, Shredding Parts Of Its Hull | IFLScience / written by konohazuku / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル