top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松井玲奈、映画『緑のざわめき -Saga Saga-』主演決定+場面写初解禁!【コメントあり】

Pop’n’Roll

×

松井玲奈、映画『緑のざわめき -Saga Saga-』主演決定+場面写初解禁!【コメントあり】

松井玲奈が、2023年秋に全国公開される映画『緑のざわめき -Saga Saga-』にて主演を務める。

同作は、長編初監督作品である『浜辺のゲーム』(2019)が第14回大阪アジアン映画祭コンペティション部門、アートフィルムフェスティバル(スロバキア)に選出されるなど、国内外で評価の高い夏都愛未の第2作目となるオリジナル長編映画。新進気鋭の監督が見つめる女性と自然、性と聖と俗。福岡と佐賀を舞台に新たな視点で“女性たちの物語”がくり広げられていく作品となっている。

主人公・小山田響子(松井玲奈)は、女優を辞め東京から生まれ故郷のある九州に移住しようと福岡にやってくる。やがて響子の異母妹であり彼女をストーカーする女、同じく響子の異母妹である佐賀の集落に暮らす少女へと物語のバトンが受け渡されていく。賑やかに旅行を楽しむ女性グループが交わり、軽やかな会話劇をすり抜けながら、物語は思いもよらない方向へと進んでいく。

国内外の映画祭に出品後、劇場公開は来秋を予定。ほかキャストは随時発表される。

本編より場面写真が解禁となった。

映画『緑のざわめき -Saga Saga-』場面写真(©Saga Saga Film Partners)

映画『緑のざわめき -Saga Saga-』場面写真(©Saga Saga Film Partners)

コメント

松井玲奈:
『緑のざわめき』はバラバラに生活をしていた異母姉妹の3人が、引き寄せられるように出会い、関わりを持つ物語になっています。脚本をいただきどこか寂しげな雰囲気のある響子に惹かれ、この不思議な生い立ちの三姉妹に出逢いたいと感じました。ファミリー・ツリーという言葉があるように、家族の繋がりは木の枝や、その先に付く葉のように広がりを見せていきます。家族とは何か、血のつながりとはなんなのか、彼女たちが形の曖昧なファミリー・ツリーに引き寄せられる様は、人間味に溢れています。その愛おしい瞬間を、夏都監督が佐賀の緑豊かな景色とともに映像にとじ込めてくださいました。

夏都愛未 監督:
4年ほど企画を温め、撮影に挑んだ作品です。東京での生活に疲れ、生まれ故郷の九州に戻った元女優の主人公が、これまで知らなかった事実と向き合いながらも、同じく自分の居場所を見つけようと人知れずもがく女性たちに出会い、彼女たちと邂逅し、静かに連帯していく物語です。主人公を演じる松井玲奈さんの姿を通して、都市と田舎を行き来する旅をしているような作品になっていると思います。

映画『緑のざわめき -Saga Saga-』

広告の後にも続きます

監督・脚本:夏都愛未
出演:松井玲奈 ほか
プロデューサー:江守徹、杉山晴香
エグゼクティグプロデューサー:小野光輔
コプロデューサー:松林うらら、夏都愛未
企画:和エンタテインメント
配給:SDP
製作:「緑のざわめき」製作委員会
2022年/日本/日本語/118分/英題:Saga Saga /HD/カラー/スタンダード /ステレオ
©︎Saga Saga Film Partners

■ストーリー
小山田響子(28)は東京の忙しい環境に疲れ、生まれ故郷である九州・佐賀県嬉野市に近い福岡県で仕事を探すも20代後半、元女優の就職活動は中々上手く進まない。響子の異母妹である本橋菜穂子(24)は、地元に帰ってきた響子を密かにストーキングしている。ある日、菜穂子は偶然を装い、響子との接触を試みる。響子の手帳から盗んだ情報を通し、もう1人の異母妹、小暮杏奈(18)と電話の声を通じて繋がりをもつが……。響子の居場所を伝導するかのように都会に住みつく者、森に住みつく者、生き別れの三姉妹が、まるで葉脈のように交差し、ざわめき、やがて血縁と運命を超え、性(サガ)が共鳴する。

■監督・脚本
夏都愛未(なつと あいみ)
神奈川県出身。幼少期より音楽、作曲を学び、2014年に『3泊4日、5時の鐘』(15/三澤拓哉監督)で女優デビュー。『雪女』(16/杉野希妃監督)では女優兼記録(スクリプター)として、『再恋~サイレン~』(17/中田圭監督)では脚本として参加。山戸結希監督プロデュースのオムニバス映画『21世紀の女の子』に監督として参加。長編初監督作品『浜辺のゲーム』が第14回大阪アジアン映画祭コンペティション部門、ニューヨークジャパンカッツ、アートフィルムフェスティバル(スロバキア)などに選出された。

TOPICS

ジャンル