top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阪神またもミスで敗戦、ついに5位転落 CSどころか最下位危機…「ベンチワークにも問題が」

J-CASTニュース

×

勝負弱い今季を象徴する試合だった。阪神が2022年9月22日の広島戦(甲子園)で同点の延長11回に大量6得点を奪われて4連敗。5位に転落し、逆転でのCS進出が厳しい状況に追い込まれた。

課題の「守備のもろさ」またも浮き彫りに

先発の伊藤将司が2回に崩れると西純矢にスイッチ。セットアッパーの湯浅京己を2イニング投げさせるなど計8投手をつぎ込んだが、試合の主導権を最後まで握れなかった。

同点の7回1死で糸原健斗が12球粘り四球で出塁すると、熊谷敬宥を代走で投入したが機動力で揺さぶるそぶりが見られない。近本光司、大山悠輔が連続三振に倒れて無得点に終わる。熊谷を代走で起用した意図が見えなかった。

延長11回は失策から自滅した。7番手の岩貞祐太が1死1死から犠打処理で一塁に悪送球。ピンチが拡大すると、広島打線の勢いを止められなかった。

84失策はリーグワースト。矢野燿大監督が19年に就任以来、課題に挙げられていた守備のもろさが露呈している。緻密な野球ができなければ、接戦をモノにできない。今季の延長戦は2勝10敗3分け。1点差ゲームも19勝25敗と負け越している。

最下位中日とのゲーム差は「3」に

広告の後にも続きます

9月は5勝10敗1分と完全に失速。CS争いでこれ以上負けられなくなった。3位・巨人は残り6試合で3勝3敗だった場合、阪神は残り4試合に全勝しなければ逆転で3位に浮上できない。

「今年の阪神は一度負けだすと歯止めが効かない。個々の選手の能力は決して他球団に劣っていないが、試合運びが拙い。ベンチワークにも問題があると思います。競り合いの試合で選手起用、采配で負けた試合が少なくない。最下位・中日が3ゲーム差に迫ってきています。CS進出どころかこのまま大型連敗でシーズンを終えるようだと、最下位転落の危機もあり得ます」(スポーツ紙デスク)

今季限りで退任する矢野監督、選手たちは意地を見せられるだろうか。(中町顕吾)

TOPICS

ジャンル