top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本一のキャバ嬢・エンリケ好感度が地の底に…夫のトラブル発覚で再起不能か

まいじつ

×

(C)nakaridore / Shutterstock

「日本一のキャバ嬢」の異名を持つ〝エンリケ〟こと、小川えりが9月17日に自身のYouTubeチャンネルを更新。『週刊文春』で報じられた夫・ブタさんの〝出資法違反疑惑〟について謝罪したが、ネット上では厳しい声が上がっている。

【関連】伝説のキャバ嬢・エンリケ“死亡事故”がさらに炎上! 夫の反論内容が物議 ほか

エンリケを巡っては、8月23日配信の『文春オンライン』が、彼女が経営するサロンで男性客がシャンパンを一気飲みした後に死亡し、警視庁が保護責任者遺棄容疑を視野に捜査を進めていると報道。このことについて、ブタさんが《エアコンの無い更衣室に4時間も閉じ込めたんじゃなく 更衣室で4時間休ませて寝ててもらったが正解ね》などと反論。《誹謗中傷は犯罪です 侮辱罪が厳罰化されました 誹謗中傷は全てスクショ済み 然るべき処置をどんなに金がかかっても必ずとります 誹謗中傷してたやつは覚悟しとけ》などと発言していた。

しかし、ここに来て、追い打ちをかけるように文春砲が炸裂。ブタさんが株式会社『エンリケ空間』で行なっている〝買取パートナー〟という事業に出資法違反の疑惑があると報道した。また、暴露系ユーチューバーで参議院議員の〝ガーシー〟こと東谷義和氏も、ブタさんの過去の逮捕歴を暴露し、火に油を注ぐことに。

一連の騒動にエンリケは、「この度は皆様にたくさんのご心配、ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げて謝罪。また、買取問題に関しては、「私自身何も把握しておらず、夫に任せっきりでいました。夫のことは心から信頼しているパートナーでしたが、実際は彼の言っていることとは説明とは全く違う事実が発覚していきました」と説明。夫と話し合いの最中であることを明かした。

エンリケの好感度が地の底に…

広告の後にも続きます

エンリケは現在、手持ちのお金がなく高級マンションの家賃を払えないことを明らかにしている。だが、なぜか謝罪時に着用していたのが、フランスの高級ブランド『ディオール』のものと思われるブラウスだったことで、ネット民からは

《貯金ないとか言ってたけど、どうやって海外に行って豪遊してたの? しかも謝罪動画でこの格好…》
《動画で本人は、現金持ってないって言ってたけど、ブランド物を売ればいいのに》
《貯金ゼロとか、旦那が怖いとか、私は何も知らないとか、次の事業はちゃんとやらなきゃとか、ところどころ笑いながら言ってたけど、自分の状況わかってんのかな》
《とりあえず謝罪して騒動が過ぎ去るのを待つ作戦でしょうね。金は腐るほど持ってるんだろうけど、絶対に死守するだろうね》
《青汁王子の動画見たけど、知らぬ存ぜぬでのらりくらり支離滅裂だった。なんかかこういうよく分からない金持ちの人たちって、仕事の実態がなくて怪しいんだよね》

など、さらなる呆れ声が上がっている。

「本人にしてみれば手持ちの服をただ引っ張り出してきただけでしょうが、セレブ生活をこれみよがしにアピールしていたクセが抜け出てしまったようです。アンチからやっかみを買うのも仕方ないでしょう」(ネットニュースサイト編集者)

エンリケは自身のセレブ生活をアピールすることによって、その生活に憧れを抱くファンを対象にビジネスを展開してきた。しかし、メッキが剥がれた今、前途はかなり多難と言えるだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル