top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「えーっ、今日もお魚?」食事に文句をつける娘がとんでもない“贅沢者”なワケ

幻冬舎ゴールドライフオンライン

×

※本記事は、棚小路蔵人氏の小説『獅子谷家の事情』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

深夜になり、玄関のチャイムが鳴る。夜間は、夫婦の寝室のところだけで鳴るようになっており、子供たちには聞こえない。裕美が玄関に行くと、次の日の朝食と夕食が届いた。

朝食用の味噌汁は、日本橋の料亭から鍋が届き、これを朝温めるとおいしい味噌汁となる。魚も、築地の料亭の焼き魚を取り寄せ、これを朝、電子レンジにかけるのである。夕食はイタリアン、これも銀座の有名店のものである。贅沢にみせないが、実に贅沢なのである。

作る暇がないのが最大の理由ではあるが、母が作っていると思わせるのも教育なのである。そして、一流の味を知らず知らずに覚えさせるというのも、教育だと思っている。

裕美は、届いた料理を冷蔵庫に移しながら、「これも、ありがたいけど、毎晩だと面倒ね。今度から、スーパー家政婦さんに一週間分作ってもらおうかしら」

広告の後にも続きます

丁度、帰って来た英介がつまもうとすると、裕美が「駄目っ」、と英介の手をはたき、これを制する。英介は、「こんな豪華な食事で大丈夫かな。贅沢させてるってことにならないかな」と心配になったようである。

「おいしい味は知っておいて損はないわ。味覚は子供の時にできるって言うから」

「でも、あんまり口が肥えちゃうと、留学すると、食べるものがなくなるぞ。特に、イギリスはひどいからなあ」

「その時は、何とかなるものよ。自分で作ったっていいんだから」

二人は、一見質素に見えるが、実は豪華な料理たちを前に、満足げではあったが、子供たちに苦労を経験させるために、自分たちも苦労するんだと言いながら、何だか、あんまり苦労になってないような気もする二人ではあった。

佑介はピッチにいる。今日の相手は外国チームで皆体がでかい。佑介は、ドリブルで相手ゴールに迫った。ゴール前で相手チームの選手と競り合いになるが、体の大きな相手方の選手にぶつかられ、体の小さな佑介は吹っ飛んで、なんとゴールにぶら下がってしまった。動けない、と思ったところで佑介の目が覚めた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル