top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日向坂46「月と星が踊るMidnight」の“勝ちに行く”フォーメーション 人生讃歌であり新時代への架け橋に

Real Sound

×
『日向坂46 3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~ in 東京ドーム -DAY1 & DAY2- (完全生産限定盤)』

 日向坂46の8thシングル曲「月と星が踊るMidnight」(10月26日発売)のMVが9月18日に公開され、9月19日放送の『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系/以下、『ひなあい』)ではフォーメーションが発表された。そこで今回は、MVの見どころとフォーメーションについて分析してみたい。

(関連:日向坂46「月と星が踊るMidnight」の“勝ちに行く”フォーメーション 人生讃歌であり新時代への架け橋に

 今回のシングルでは齊藤京子が、けやき坂46時代の「それでも歩いてる」以来であり、日向坂としては初となるセンターを務める。齊藤が楽曲について「日向坂46にとって初めての恋愛系ではない表題曲。メッセージ性が強くて、思い悩んで思い悩んでも諦めずに強く生きよう、過ちを恐れず頑張ろうと思える、そんな応援してくれる曲です」(※1)と綴るように、迷っている自分を後押しする「青春の馬」や「抱きしめてやる」に近い日向坂らしい応援ソングと言える。一方、高瀬愛奈がブログで「ひらがなけやき時代の曲の主人公が成長して、今またこのタイミングで過去を振り返りながら、時代が変わっても前を向いていろんなものに立ち向かいながら頑張ろうとしているような、そんな歌詞だなと個人的には感じとれました」(※2)と解釈しているように、秋元康がけやき坂時代を経た今の彼女たちに宛てた歌詞でもあるのだろう。「それでも歩いてる」や、齊藤のソロ曲「居心地悪く、大人になった」も齊藤自身の境遇と重なるような歌だったが、かつての自分を振り返りながらも、前へ向かっていく人生讃歌のような趣きを感じさせる曲だ。

 「世界にはThank you!が溢れている」も監督した大喜多正毅によるMVは、上村ひなの曰く「まるで夜に浮かぶ月と星みたいな色合い」の衣装で(※3)、メンバーが舞い踊る姿をドローンによる空撮や疾走感溢れるカメラワークを駆使し、壮大なスケールの映像で見せる美しい作品。序盤、群馬県立ぐんま天文台でストーンサークルに囲まれるメンバーの姿は、まだ現状を打破できず、もがいていることを表現しているようだが、そんな閉じこもった世界から飛び出し、八ッ場ダムや河川敷に舞台を移して開放されていくと、〈僕たちは何だってできるんだ〉と力強く歌い踊る。そしてスタジオセットでは、まるで映画『未知との遭遇』に出てくるUFOのような、巨大な照明の下で圧巻のダンスを披露するが、その姿は歌詞のメッセージにもピッタリとハマっている。前作シングル曲「僕なんか」が最新技術を駆使した映像だったのとは対照的に、CGに頼らないところもエモーショナルな要因かもしれない。

 フォーメーション全体を見ると、まずセンターの齊藤が抜群の存在感を発揮している。ソロダンスをはじめ1人だけ振り付けが異なる演出もあるが、メッセージ性が強い楽曲の中で、ゾーンに入ったような感傷的な表情、仕草、流し目を見せるなど、多彩で力強い表現力が光っている。その両隣を二期生の小坂菜緒と金村美玖、さらにその両隣を一期生の加藤史帆と佐々木美玲が担い、センター経験者が1列目に集結。まさに“勝ちを取りにいく”最強のフロント陣と言えるだろう。

広告の後にも続きます

 また、「僕なんか」では3列目だった影山優佳が再び2列目に上がってきたことは、最近の活躍ぶりなら当然とも言える。後列の両端は、2列目を佐々木久美と潮紗理菜、3列目を富田鈴花と髙橋未来虹が担当し、6thシングル曲「ってか」と同じ体制に(富田と髙橋は左右対称だが)。そこからは彼女たちがパフォーマンスだけでなく、精神的にもグループの支えとなる安定した4人だということが感じ取れる。「ってか」も攻めのダンスだったが、動きの激しいパフォーマンスになるほど両端にも目が行くため、注目したいポジションだ。

 齊藤の後方に立つのは、二期生の松田好花と河田陽菜。齊藤とはまた違う個性を持ち、ガムシャラさとしなやかさで魅了できる2人というのもバランスが良い。一方の濱岸ひよりは、「正直とても悔しかったです。どこに居ても見つけてもらえるように、応援してもらえるように、精一杯頑張ります」(※4)と3列目になった悔しさを言葉にしていた。ただ、これまであまり自己主張をしてこなかった濱岸が、こうしてしっかり想いを言葉にしていることを思うと、今回のパフォーマンスで間違いなく注目すべき1人だと言えるだろう。

 9月19日放送の『ひなあい』では、「月と星が踊るMidnight」をツアーで初披露した映像も流れていた。短い映像を見る限り、フォーメーションを美しく見せる以上に、熱い思いをぶつけるエモーショナルなダンスによって、齊藤のカリスマ性溢れる堂々とした姿と、内なる感情を訴えてくるようなメンバーの姿が印象的で、演劇に近いパフォーマンスにも感じ取れた。『W-KEYAKI FES. 2022』で、齊藤をセンターに「語るなら未来を…」(欅坂46)を披露した際、いつもは懐にしまっている刀を振りかざしたように、日向坂によるエモーショナルなパフォーマンスの可能性をふんだんに見せつけていたが、実はそれも「月と星が踊るMidnight」への伏線だったのかもしれない、と今になって思う。

 “つながる”がコンセプトの今作。齊藤の初センター曲だった「それでも歩いてる」は、けやき坂の初代メンバー・長濱ねるが欅坂専任となり、二期生も入ってきたばかりのタイミングだったため、グループの過去と未来を繋ぐ作品であった。今回の「月と星が踊るMidnight」も、渡邉美穂や宮田愛萌の卒業を受け、四期生もまもなく加入を迎える中、新たな時代へと日向坂をつなげるブリッジのような楽曲になっていると思う。そんな想いを体現した力強いフォーメーション、そしてセンター・齊藤京子のパフォーマンスに大いに期待したい。(本 手)

※1:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/45427?ima=0000&cd=member
※2:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/45516?ima=0000&link=ROBO004&cd=member
※3:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/45519
※4:https://www.hinatazaka46.com/s/official/diary/detail/45521

TOPICS

ジャンル