top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

窪田正孝、木村文乃、木村多江が集結 バカリズム原案・脚本『ノンレムの窓』第2弾放送へ

Real Sound

×
『ノンレムの窓 2022・秋』©︎日本テレビ

 バカリズムが原案・脚本を務める“新感覚ショートショート”ドラマ第2弾『ノンレムの窓 2022・秋』が、10月9日22時30分から日本テレビ系で放送されることが決定した。

参考:結婚式の難題を“笑い”に昇華 『ウェディング・ハイ』は“新郎”中村倫也の葛藤も見どころに

 本作は、数々のドラマ・映画の脚本を執筆し、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど脚本家としても活躍するバカリズムが、ちょっと不思議な“超現実の世界”を描いた“新感覚ショートショート”ドラマの第2弾。

 深い眠りを意味する「ノンレム睡眠」。夢なのか、それとも現実なのか、ちょっと不思議な3つのショートストーリーが展開。“夢と現実”“現実と非現実”の狭間を行き来する。バカリズムは今回も原案・脚本だけでなく自らも出演。“窓先案内人”なる不思議な役柄で、ドラマの随所に登場する。斉藤由貴が演じる“顔を一切見せない謎の女性マドカ”との不思議なやり取りにも注目だ。

 3つのショートショートドラマの主演には、窪田正孝、木村文乃、木村多江が集結。第1話『未来から来た男』では、3年前にタイムリープし“未来から来た男”として一躍時の人となる会社員を窪田が演じる。第2話『放送禁止用語』では、急増する“放送禁止用語”を極めようとする朝の報道番組を担当するアナウンサー役を木村文乃が担当。第3話『パスワードが知りたい』では、夫の隠し事を突き止めようとパソコンのパスワード解析に必死になり、夫と異常なまでの対決をする妻を木村多江が演じ、その夫を鈴木浩介が演じる。さらに、『未来から来た男』には、柄本時生、味方良介、そしてフリーアナウンサーの石井亮次、『放送禁止用語』には、大原優乃、福山翔大、日テレアナウンサーの菅谷大介、相島一之が登場する。

広告の後にも続きます

 『未来から来た男』では、ごく普通のサラリーマンの菅沼浩二(窪田正孝)がある日目覚めると、3年前にタイムリープしていることに気が付く。未来を知っている菅沼は会社で人気者になり、ついにはテレビ局のディレクターの耳に入って番組に出演することになる。「未来から来た男」として一躍時の人となるのだが……。

 『放送禁止用語』では、報道番組を担当するアナウンサーの宮川志帆(木村文乃)が放送禁止用語が急増する世界で「正しい言葉遣い」を極めようとしている。毎月配られる「放送禁止用語大全」を完璧に頭に入れ、「適切な放送」をすることに心血を注ぐ日々。しかし放送禁止用語はどんどん増える一方で……。

 『パスワードが知りたい』では、野村由紀子(木村多江)は夫の泰紀(鈴木浩介)にPCやスマホのパスワードを尋ねるが、はぐらかされてしまう。そこで、由紀子は夫が外出している間にPCのパスワードをあの手この手で解析し、夫の隠し事を突き止めることに。一方、その妻の解析を阻止しようとする夫。パスワードをめぐる夫婦の異常なまでの攻防の行方は……。

 そして、新作放送を記念して、『ノンレムの窓』傑作選の放送とTVerでの配信も決定。10月5日25時35分から第1弾『ノンレムの窓』の『私達の恋』が放送され、TVerにて風間俊介主演『私達の恋』、野間口徹主演『解約ゲーム』、松岡茉優主演『カスタマイズ』が配信される。

■バカリズム(原案・脚本・「窓先案内人」)コメント
・第2弾『ノンレムの窓』放送が決定して

本当に嬉しいです。立ち上げの段階から「定期的に特番として放送できたらいいですね」というお話をしていたので、それが即刻叶って嬉しいです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル