top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【漫画】女性同士の友情を描いた作品3選 思わず憧れる幸せの関係性

Real Sound

×

  世の中にはさまざまなジャンルの漫画が存在するが、多くの作品で欠かせないのが仲間や絆、友情といったものだ。バトルものでもひとりでは強くなれない、仲間がいてこそ強くなれる……というのは王道のスタイルと言えるだろう。

 今回は思わず憧れてしまうような、女性同士の友情を描いた作品をピックアップする。

冴島翠&麻宮裕子(マミリン)「天使なんかじゃない」矢沢あい(集英社)

 矢沢あいの「天使なんかじゃない」は多くの女性のバイブルだが、翠とマミリンの友情に憧れた人も多いはず。近寄りがたい性格と雰囲気のマミリンに、明るく(ときにはおせっかい)な翠が積極的に話しかけることで、次第にほだされ、心を開いていく。

 マミリンから翠への名言は盛りだくさん。翠が「なりたいものある?」と問いかけると「あたしは冴島翠になりたい」。友人のことをこんなふうに思えることに憧れる。翠の恋の行方ももちろん話の中では気になるポイントだったが、この誰もが羨むような友情も「天ない」の人気の秘密だったのかもしれない。

黒沼爽子&胡桃沢梅(くるみ)「君に届け」椎名軽穂(集英社)

 風早をめぐって、恋のライバルだった爽子とくるみ。最初は爽子に対してそっけない態度を取っていたくるみだが、爽子の誠実で真面目な性格、そして優しさに心を開いていく。同じ大学に進学してからは、まるで恋人同士か!? というぐらいの仲睦まじさ。お互いに大好きだというだけでなく、信頼関係が見えるのも微笑ましい。

広告の後にも続きます

 「君に届け」では、爽子の初めてと言っても過言ではないだろう矢野あかねと吉田千鶴の関係もとてもいい。なんとなく一緒にいる、ではなく、相手のことが好きだから一緒にいるんだ、という関係が高校で築けるのはとても良いな、と率直に思う。

市原由奈&山本朱里「思い、思われ、ふり、ふられ」咲坂伊緒(集英社)

 正反対の性格、恋愛観を持った2人のヒロインの恋模様を描いた青春ラブストーリー。真逆の2人だが、同じマンションに住んでいることもあり、次第に仲良くなっていく。恋をする中で、成長していく2人。恋に夢を抱いている由奈と、現実的な朱里では恋愛相談をしてもケンカになってしまうのでは? と一瞬思ってしまいそうになるが、お互いに「そういう考え方もあるのか」と受け取られるところがポイントなのだろう。そして、成長していく相手をみて、自分もがんばらなくっちゃ、と思える。一緒に成長していくことができるタイプの友情だ。

■友情は恋にも少し似ている

 大人になると、友人ができる機会が少なくなる。だからこそ、青春時代がまぶしく見えるのだけれど、学生のころにそんなに真摯に人と向き合っただろうか……と思うと、疑問が残る。

 女性同士の友情が描かれている作品を読んでいると、感じられるのは相手への尊敬と、愛情。親友に幸せになってほしいと思うし、幸せになれるならその手伝いもしたいと思える。よく「女同士は怖い」と言われたり、女性同士が足を引っ張り合う、といった作品も多く見かけるが、もちろん、全てがそうではない。

 もし、大好きだと思える友人、幸せになってほしい、と思える友人と出会えたら、それだけで自分の人生も鮮やかなものなるのではないだろうか。

TOPICS

ジャンル