top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ユダヤ人の青年がペルシャ人になりすます 『ペルシャン・レッスン』予告編&ポスター公開

Real Sound

×
©HYPE FILM, LM MEDIA, ONE TWO FILMS, 2020

 11月11日公開の映画『ペルシャン・レッスン 戦場の教室』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

 参考:【写真】ナチス式敬礼をする当時の少年少女たち

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツの強制収容所では、数百万のユダヤ人大虐殺(ホロコースト)が行われた。この生存不可能といわれた絶望の場所で、信じがたい方法で何度も処刑を免れた男がいた。それは、ユダヤ人の青年がペルシャ人になりすまし、ナチスの将校に“架空のペルシャ語”を教えるという、驚くべきものだった。本作は、短編小説から着想を得て映画化され、ベルリン国際映画祭のベルリナーレ・スペシャルガラ部門で上映されたのをきっかけに、世界各国の映画祭で数多くの賞を獲得した。

 主人公のユダヤ人青年のジルを演じたのは、4カ国語を操るクワドリンガルで、第70回カンヌ国際映画祭のグランプリ作『BPM ビート・パー・ミニット』のナウエル・ペレーズ・ビスカヤート。ナチス親衛隊のコッホ大尉を、『約束の宇宙』のラース・アイディンガーが演じた。

 公開された予告編では、ユダヤ人青年のジルが収容所に輸送されている際、ある一冊の本を受け取る。その本はペルシャ語が書かれてもので、“Bawbaw”は父の意味だと教えてもらう。ドイツ軍に同胞が殺されていくなか、「ユダヤ人じゃない! 私はペルシャ人です!」と偽ることで何とか生き長らえる。収容所に連れて行かれたジルは、大尉からペルシャ語で“母”は何と言うかと尋ねられ、咄嗟に“アンタ”と嘘をつく。ペルシャ語を勉強したいと思っていた大尉は「仕事の後、言葉を教えに来い」とジルに命令をする。こうして大尉とジルの“偽のペルシャ語レッスン”が始まった。ジルは仕事の傍らで架空の言語を創作するが、数が増えるに従い、覚えることの大変さを痛感する。通算で1500語以上の単語を覚えた大尉はジルに詩を披露するなど、2人は奇妙な信頼関係は築き上げているように思えたが、周りの兵士は「あの男は信用できない」と疑いの目を止めない。果たして、ジルの嘘は見破られるのか。

広告の後にも続きます

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、ジルと大尉が向き合って、“偽”のペルシャ語レッスンを行っている様子が切り取られている。そして、ビジュアルの下半分には2人とは対照的に、連行されたユダヤ人たちの絶望的な表情が映し出されている。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル