top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

愛憎渦巻く『純愛ディソナンス』 中島裕翔と吉川愛は過去から逃れられるのか?

Real Sound

×
『純愛ディソナンス』©︎フジテレビ

 Hey! Say! JUMPの中島裕翔と吉川愛が出演する木曜劇場『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)がついに最終話を迎える。過去と現在が複雑に絡み合い、様々な思惑が入り乱れた本作はヒリヒリとしたヒューマンドラマとドロドロの愛憎劇のバランスが絶妙で、毎回夢中にさせられた。

参考:『純愛ディソナンス』これまでの全てが“伏線”だった恐怖 復讐に燃える人物が明らかに

 亡き兄・幸助の恋人であり、音大の先輩だった小坂由希乃(筧美和子)の後任として桐谷高校に赴任した新田正樹(中島裕翔)は、高校2年生の和泉冴(吉川愛)と恋に落ちるも、結ばれないまま離れ離れに。2人は5年後に偶然の再会を果たすが、正樹には妻の愛菜美(比嘉愛未)が……。しかし想いを止められない正樹と冴の微妙な関係は、周囲を巻き込みながら“不協和音(ディソナンス)”を産み出していく。

 2人は出会いからして波乱含みだった。高校時代、行方不明になった小坂の情報を得るため夜の職員室に忍び込んだ冴。教頭の影山勉(手塚とおる)に見つかり、追われた冴は音楽室のピアノの下に逃げ込むが、ピアノを弾いていた正樹は冴に気づいてビックリ。その瞬間部屋に鳴り響いたのは、不協和音だった……。最終的に小坂は遺体となって発見され、その犯人が担任の加賀美理(眞島秀和)であることを突き止めた冴と事件を白日の下にさらした正樹の運命の歯車はこの日を境にキリキリと回り始める。

 振り返れば、亡き兄を溺愛する父親との確執を抱える正樹と歪んだ愛情を押しつけてくる母親の束縛で苦しむ冴、孤独な魂を持つ2人が愛し合うのは必然の運命だったといえるだろう。しかし、そんな2人の恋路を邪魔するのが正樹の元同僚教師であった愛菜美だ。新任教師だった正樹を気にいった愛菜美は、汚い手を使って正樹と冴の淡い恋を壊し、素知らぬ顔でまんまと正樹の妻の座を手に入れた。そして売れっ子の恋愛小説家となった彼女は、父である大手企業「モノリスエステート」のワンマン社長・碓井賢治(光石研)の威光と権力によって、全てを失くした正樹が彼女の元から離れられなくしてしまう。

広告の後にも続きます

 一方、この碓井社長に恨みを持つのが、セカンドパートナーのマッチングアプリ「セカプリ」を運営するIT企業「コアスパーク」の路加雄介(佐藤隆太)。母から逃げた冴は彼女を慕う朝比慎太郎(髙橋優斗)とシェアハウスで暮らし、偶然にも路加の会社にバイトとして雇われる。また、愛菜美が碓井社長の娘であることを突き止めた路加は愛菜美と正樹、冴の三角関係を利用して碓井社長への復讐を画策。対する愛菜美は冴が「コアスパーク」で働いていることが分かると、仕事にかこつけて正樹と冴の仲を裂こうとするのであった。

 こうして紆余曲折の果てに迎えた第10話は、回収する伏線のあまりの多さに「本当にあと1話で完結するの!?」との心配の声もあがるほどのカオスだった。

 第9話のラストで冴に情熱的な愛の告白をした正樹は、過去と向き合い、ほころびを正そうとしていた。そして「過去からは、逃れられない」と書かれた不吉な手紙を送ってきた服役中の加賀美の元を訪ね、その真意を問うと、加賀美は正樹と冴の身近に危険が迫っていると告げる。

 一方、愛菜美に別れを告げるも未だ「モノリスエステート」の汚れ仕事をする正樹の策略によって、「コアスパーク」社長の座を退任することになった路加は、マスコミから逃れ、愛菜美のもとに匿われていた。そんななか母親の胃がんが発覚した冴は、正樹と愛菜美の離婚届がまだ提出されていないことを知り、碓井社長が正樹との手切れ金として用意した500万円を受け取ることに。そして正樹に別れを告げるのだが……。

 毅然とした態度で正樹の前から去りながらも一人で号泣する冴の涙が切ない。しかしラストでは、2人にさらなる過酷な試練が待ち受けていることを暗示する衝撃的な事実が発覚する。そして迎える最終話。正樹はついに姿を現した過去の因縁から冴を守ることができるのか。愛菜美、路加、慎太郎……それぞれの想いの行方と禁断の恋人たちが迎える未来とは? 一回りたくましくなった正樹の人間的成長とともに、物語の結末に注目してほしい。(足立美由紀)

TOPICS

ジャンル