top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ちむどんどん』第120話、沖縄移住を決めた暢子(黒島結菜)たちの送別会が開催される

Real Sound

×
『ちむどんどん』写真提供=NHK

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』。9月23日放送の第120話では、沖縄移住を決めた暢子(黒島結菜)たちの送別会が開催される。

参考:『ちむどんどん』良子役を好演した川口春奈 新ドラマ『silent』に向けて高まる期待

 和彦(宮沢氷魚)が暢子へ思わぬ提案をした第119話。

 第120話では、暢子は、和彦と健彦(三田一颯)と家族3人で、沖縄やんばるへの移住を決意。やがて東京を去る日が近づき、暢子の店「ちむどんどん」で送別会が開かれる。三郎(片岡鶴太郎)をはじめ、長年暢子を見守ってきた人たちがそれぞれ思い出を語り、はなむけの言葉を贈る。しかし、そこに「アッラ・フォンターナ」のオーナー・房子(原田美枝子)の姿がなく……。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル