top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「松本人志がいちばんつまらない」ホリエモンのお笑い観にテレビ業界が「まさかの反応」

アサ芸プラス

×

 ホリエモンこと実業家・堀江貴文氏の「お笑い論」が物議を醸している。

 9月18日、YouTubeチャンネル「サウナノフタリ」が公開した動画「NGナシのホリエモンに答えにくそうな質問ぶつけてみた」に登場した堀江氏。

 サウナに入りながら、名物編集者として知られる箕輪厚介氏を相手に、トークを繰り広げた。

「最近読んだ中でいちばん好きな漫画」や「今、ハマッている家電」など、様々なテーマの質問に対し、本音で回答。

 最も盛り上がったのは「好きなM-1王者は?」の質問だったのだが…。

広告の後にも続きます

 これに堀江氏は「M-1って、面白いと思ったことがない」と断言。M-1が好きな知人に動画を見させられたものの「ガチで笑えなかった」と酷評したのである。

 というのも、M-1グランプリで評価されている漫才は「オチが予測できる」からだという。

 さらにはM-1決勝で審査員を務めるダウンタウン・松本人志についても「松本さんとかのお笑いが、いちばんつまんないと思っている。何が面白いのか、さっぱり分からない」と評して、猛然と斬り捨てたのだった。

 一方で、称賛する芸人はというと、

「堀江氏はスピードワゴン・井戸田潤によるハンバーグ師匠と、小島よしおを高評価。最近では『圧倒的にハンバーグ師匠が好き』と言い、箕輪氏から『お笑い偏差値20』とツッコミが入っていましたね」(お笑いライター)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル