top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

BiSH、大阪城ホール公演アフタームービー公開!

Pop’n’Roll

BiSH、大阪城ホール公演アフタームービー公開!

【画像はこちら】

BiSHが、本日9月21日(水)に大阪城ホールにてワンマンライブ<And yet BiSH moved.>を開催。そのアフタームービーを公開した。

2021年7月20日・21日に行なわれた<BiSH SPARKS “My BiSH Forever” EPiSODE 6>に続いて2年連続での開催となった大阪城ホール公演は、BiSHのライブ定番曲である「GiANT KiLLERS」で幕を開けた。

続けてアッパーなロックチューン「ZENSHiN ZENREi」で会場を一気に盛り上げ、本日リリースの2022年12ヵ月連続リリース第9弾の新曲「UP to ME」をライブ初披露。

ライブ中盤のMCにて、アイナ・ジ・エンドが“私は1人では何もできないけれど、今はメンバーや清掃員(BiSHファンの総称)のみんなに支えられて生きている心地がしました。どうすれば清掃員に伝わるか考えた時に、この曲を今日披露したいと思いました”と語り、初めてメンバーが作詞&作曲を務めた「リズム」をパフォーマンス(作曲:アイナ・ジ・エンド/作詞:モモコグミカンパニー)。

「プロミスザスター」冒頭では、それまで身に纏っていた真っ白の衣装から鮮やかなブルーの衣装へ瞬く間にチェンジする印象的な演出も見せた。

恒例のハシヤスメ・アツコ考案のコントパートでは、先日生出演したフジテレビ系列『FNS ラフ&ミュージック』でセントチヒロ・チッチが熱湯風呂に入った際のことをフィーチャーした内容を披露し、会場は笑いに包まれた。

モモコグミカンパニー作詞のエキセントリックな「SHARR」からスタートしたライブ後半では、本日のアフタームービーにも収録されている12ヵ月連続リリース第8弾「サヨナラサラバ」を魅せて、会場は最高潮に。同曲は、作曲をTaka(ONE OK ROCK)、MEG(MEGMETAL)、作詞をKENTA(WANIMA)が手がけたパンクロックナンバーとなっている。

12ヵ月連続リリース第7弾「SEE YOU」から始まったアンコール明けのMCでは、メンバー1人ひとりが清掃員への感謝の言葉を口にし、BiSHの代表曲「ALL YOU NEED IS LOVE」「beautifulさ」で会場が一体となって同公演は幕を閉じた。

なお、BiSHは、10月2日(日)に山梨 富士急ハイランド・コニファーフォレストにて<BiSH OUT of the BLUE>の振替公演、10月3日(月)に東京 Zepp DiverCity(TOKYO)にてフリーライブ<FiNE NATURE SENSATiON>、10月25日(火)に横浜アリーナにてワンマンライブ<TO THE END TO THE END>を開催する。

ライブ撮影:sotobayashi kenta

広告の後にも続きます

BiSH

連続リリース第11弾「タイトル未定」
予約はこちらから

連続リリース第11弾「タイトル未定」

発売日:2022年11月23日(水)
AVCD-61260 ¥1,100

新曲2曲収録

■全国汎用特典
12ヵ月連続ステッカー【11月】

連続リリース第12弾「タイトル未定」
予約はこちらから

連続リリース第12弾「タイトル未定」【初回生産限定盤】Single CD+Blu-ray+Live CD 2枚組+PHOTOBOOK

発売日:2022年12月21日(水)
AVCD-61272~4/B ¥11,000

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル