top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アニメ『名探偵コナン』オリキャラが全員クズ? 倫理観がバグった奇行を連発

まいじつ

×

『名探偵コナン』101巻(青山剛昌/小学館)

奇想天外なオリジナルストーリーで、たびたび視聴者を戦慄させるアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)。9月17日に放送された第1056話『あの人を取り戻したい』もアニオリの物語だったが、視聴者をドン引きさせるキャラが大量発生してしまった。

【関連】アニメ『名探偵コナン』“とんでもない遺書”に視聴者絶句…小学生レベルの煽り文ほか

※アニメ『名探偵コナン』の内容に触れています

ある日、コナンと小五郎はニュースで交通事故の被害者・仏丸大二郎が消えたという事件を知る。目撃者の証言によると、加害者の犬飼始が彼を病院に連れていくと言い残し、行方をくらませたことが発端だという。

すると小五郎のもとに、大二郎の妻である笑子から連絡が入り、「主人を見つけ出し、無事連れ返してほしい」と依頼されることに。コナンたちは仏丸家で話を聞くのだが、そこで謎の男から電話があり、仏丸の遺体を“1,000万円”で買い取るように要求されるのだった…。

事故で加害者の車の運転手が「病院に連れていく」と言って走り去ったまま行方知れずになったというニュースが。

広告の後にも続きます

そんな中、毛利探偵事務所に被害者の妻から「主人を見つけ出してほしい」という依頼が来たんだ。
一体どこに行ったんだろう…?

TVオリジナル「あの人を取り戻したい」
このあとすぐ! pic.twitter.com/OcMkK6hkGH

— 江戸川コナン (@conan_file) September 17, 2022

今回登場したアニメオリジナルのゲストキャラたちは、いずれもクセの強い人物ばかり。とくに目立っていたのは、加害者である犬飼だ。車で轢いてしまった相手を勝手に動かし、さらに病院へ行かずに埋めるという非道すぎる行動を取っている。

迷走するアニオリ『名探偵コナン』

さらに被害者の大二郎は、脱税によって多額のお金を蓄えていた模様。そして別の人物は、そんな彼の遺体を奪い、身代金を要求するという蛮行に出ていた。登場人物のほぼ全員が、金目当てに倫理のかけらもない行動をとっていたのだ。

被害者から犯人まで金にとりつかれたエピソードに、ネット上では《クズしかいない》《アニオリ特有の“ゲストキャラ全員クズ”回やった》《金の亡者しか出ない回ですね》といったツッコミの声が続出している。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル