top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

兒玉遥、一日警察署長で“女スパイ”気分「警察の裏側を見てきました(笑)」凛々しい制服姿で登場

WEBザテレビジョン

×

兒玉遥、一日警察署長で“女スパイ”気分「警察の裏側を見てきました(笑)」凛々しい制服姿で登場

HKT48・AKB48の元メンバーで俳優の兒玉遥が9月21日、東京・サッポロビール株式会社本社にて開催された「令和4年秋の全国交通安全運動 突撃!企業訪問 交通安全キャンペーン」に、一日警察署長として出席。制服姿に身を包んだ兒玉が囲み取材に応じ、「警察に潜り込む女スパイ役をやってみたいです(笑)」と笑いを誘う場面があった。

■背筋が伸びる思いです

同キャンペーンは、渋谷警察署渋谷交通安全協会による主催。一日警察署長となった兒玉は、交通安全宣言とトークショー、10月21日に公開を予定している主演映画「空のない世界から」のアピールなどを行った。

制服を着た感想を聞かれた兒玉は「背筋が伸びる思いです」とコメント。続けて「ずっと憧れていたんです。自分の誕生日近くによくニュースで見ていて、いつか自分も警察署長をやってみたいと思っていたので、夢が叶いました」と喜びをあふれさせた。


■女スパイ役をやってみたい

また主演映画「空のない世界から」について「初めてのシングルマザー役に挑戦しました。メッセージの強い映画になっていますので、ぜひ楽しみにしていただきたいです」とアピール。さらに「11月11日公開の『渚に咲く花』という作品でも主演を務めさせていただいています。いすみ市のきれいな海を舞台にして、とても心が温まるようなストーリーになっている作品です」とも呼びかけた。
今後演じてみたい役は、という質問には「警察に潜り込む女スパイ役をやってみたいです(笑)」とにやり。会場には笑いが起き、兒玉はこの日務めた一日警察署長でも「スパイの気持ちを味わいながら、警察の裏側を見てきました(笑)」とスパイ気分を味わっていたようだった。

「空のない世界から」でのシングルマザー役を通して、実際に母親になりたい気持ちが芽生えたかという質問には「全然予定はないですけど、将来欲しいなと思っています」と回答。何歳までに欲しいかと重ねて聞かれると「まったくないな、どうしよう。できるだけ若い内に産んでおきたいなという思いはあります」と答えていた。

◆取材・文=山田健史

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル