top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マグニチュード7.6の地震発生 3度目の“9月19日”の大地震に「また同じことが起きるに違いない」 メキシコ

ABEMA TIMES

×

 メキシコでは、1985年と2017年の“9月19日”に大地震が2度起きている。3度目となる、今年の9月19日に起きた大地震に「また同じことが起きるに違いない」と市民は話している。

【映像】外壁の下敷きで潰れた車

 メキシコ中西部のミチョアカン州で19日、マグニチュード7.6の地震が発生。崩落したショッピングモールの外壁の下敷きになるなどして、これまでに2人の死亡が確認されている。そして市民の間では「きっと、また同じことが起きるに違いない」といった噂が駆け巡っている。実はメキシコでは1985年と2017年の9月19日にも、多数の犠牲者を出す大地震が発生していて、各地で避難訓練や追悼式典が行われていた。

 またしても9月19日に起きた大地震。市民を落ち着かせるためか、メキシコシティ・シェインバウム市長は「確かに9月19日に3回地震は起きていますが、偶然です。科学的にみて、9月19日は特別な日ではありません」と会見で呼びかけている。また、メキシコ国立自治大学も「全くの偶然だ」という見解を示した。(『ABEMAヒルズ』より)

TOPICS

ジャンル