top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ほろ苦カラメルはあとがけ!フライパンで作る「喫茶店のなめらかプリン」

レタスクラブ



自宅で作れる手軽さとフォトジェニックな盛りつけで、エモかわいくアレンジしたおうち純喫茶レシピをご紹介。ブームが続く昭和レトロを代表するあの味を今すぐ再現できます!今回はフライパンで手軽に作る「なめらかプリン」をご紹介します。

教えてくれたのは▷もあいかすみさん


栄養士、料理研究家。食品メーカー勤務を経て料理研究家として独立。忙しく働きながら料理をしてきた経験を生かし、インスタグラム「MOAI’sKITCHEN」で「働く女性のための簡単時短レシピ」を発信。著書に『がんばらなくてもできる おいしい!すぐレシピ』(小社刊)がある。

喫茶店のなめらかプリン

ほろ苦カラメルをあとがけで食べる


[ 材料・口径7.5×高さ5cmの耐熱カップ2個分 ]
( 1個分343kcal/塩分0.2g)
■プリン液
卵(M) …1個
牛乳 …125ml
砂糖 …大さじ2
バニラエッセンス …2~3滴
■カラメルソース
砂糖 …大さじ2
水 …大さじ1と1/2
■トッピング
(A)生クリーム …1/2カップ
(A)砂糖 大さじ…1/2
さくらんぼ缶 2粒

※トッピングのホイップクリームは作りやすい分量です。

[ 作り方 ]
1.カラメルソースを作る。小鍋に砂糖と水大さじ1/2を入れ、鍋を揺すって混ぜながら中火にかける。茶色く煮詰まったら火を止めて水大さじ1を加え(はねる場合があるので注意)、再び鍋を揺すりながら混ぜてさます。

2.プリン液を作る。別の小鍋に牛乳と砂糖を混ぜ、沸騰直前まで中火で温めて火を止め、粗熱をとる。ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖を溶かした牛乳とバニラエッセンスを加えて混ぜ、茶こしでこす。

3.耐熱カップに注ぐ。

4.フライパンにふきんを敷き、3を並べ入れてカップの半分の高さまで水を注ぎ、中火にかけて沸騰させる。ふたをふきんでしっかりくるんで垂れ下がってふきんに引火しないように上で結ぶ。ふたをのせ、弱火で8~10分加熱し(途中、様子を見て湯がなくなりそうなら湯を足す)、カップを揺すって表面がしっかり固まっていれば火を止めてそのまま粗熱をとり、冷蔵室で冷やす。

5.ボウルに(A)の材料を入れ、泡立て器ですくうとつのがピンと立つまで泡立てる(九分立て)。絞り出し袋に星形の口金をつけて入れる。4に1のカラメルソースをかけ、ホイップクリーム適量を絞り、さくらんぼをのせる。

【純喫茶POINT】
自宅で作るプリンは手軽なフライパンで。ふたをしたらグラグラ沸騰させないように弱火で加熱すると、すが入りにくく口当たりがよくなります。

*  *  *

カラメルをあとがけにすると、食べる人によってカラメルの量を調節できるのがいいですね!

調理/もあいかすみ 撮影/三村健二 スタイリング/久保田朋子 栄養計算/スタジオ食 編集協力/岩越千帆、印田友紀(smile editors)




【レタスクラブ編集部】

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル