top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ロバート・エガース監督初のアクション大作 『ノースマン 導かれし復讐者』2023年1月公開

Real Sound

×
『ノースマン 導かれし復讐者』© 2022 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 ロバート・エガース監督最新作『The Northman(原題)』が、『ノースマン 導かれし復讐者』の邦題で2023年1月に日本公開されることが決定。あわせてティザービジュアルと特報映像が公開された。

【動画】ロバート・エガース監督作『ノースマン 導かれし復讐者』特報映像

 本作は、『ライトハウス』『ウィッチ』で知られるエガース監督による、北欧を舞台に繰り広げられるヴァイキングの壮大な物語であり、監督にとって初のアクション大作となる。北米では今年4月に公開され5週連続TOP10入りを果たし(Box Office Mojo調べ)、監督のキャリア史上最高の成績を収めた。

 『ライトハウス』のウィレム・デフォー、『ウィッチ』のアニャ・テイラー=ジョイら過去作のキャストが再集結するほか、主演に『ターザン:REBORN』のアレクサンダー・スカルスガルドを迎え、ニコール・キッドマン、クレス・バング、イーサン・ホーク、ビョークらが共演する。

 若き王子アムレート(スカルスガルド)は、父であり国王オーヴァンディル(イーサン・ホーク)を叔父フィヨルニル(クレス・バング)に殺害され、母であるグートルン王妃(ニコール・キッドマン)も誘拐された。アムレートは、父の復讐と母の救出を誓い、たった一人ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。ある日、預言者(ビョーク)と出会い己の運命と使命を思い出す。奴隷に変装したアムレートは、親しくなった白樺の森のオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)たちと共にフィヨルニルが経営している農場があるアイスランドを目指す。

広告の後にも続きます

 若き王子アムレート(スカルスガルド)は、父であり国王オーヴァンディル(イーサン・ホーク)を叔父フィヨルニル(クレス・バング)に殺害され、母であるグートルン王妃(ニコール・キッドマン)も誘拐された。アムレートは、父の復讐と母の救出を誓い、たった一人ボートで島を脱出する。数年後、怒りに燃えるアムレートは、東ヨーロッパ各地で略奪を繰り返す獰猛なヴァイキング戦士の一員となっていた。ある日、預言者(ビョーク)と出会い己の運命と使命を思い出す。奴隷に変装したアムレートは、親しくなった白樺の森のオルガ(アニャ・テイラー=ジョイ)たちと共にフィヨルニルが経営している農場があるアイスランドを目指す。

 なお本作は、10月24日より開幕される第35回東京国際映画祭ガラ・セレクション部門にてジャパンプレミア上映される。

(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル