top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

誰かに手を差し伸べて欲しかった。恐怖でうずくまっていた捨て猫の救出物語

カラパイア

×

 ニューヨークのオフィスビルの横の屋根があるゴミだらけの場所に数日前から怯えながら動けないでいる猫がいることに気が付いたのは、向かいのビルに勤務する何人かの人々だ。

 彼らは動物救助団体に連絡をした。スタッフの女性が様子を見に来たところ、猫は全く敵意を示すことなく女性に撫でられると立ち上がった。

 猫はずっと愛情を求めていた。誰かが救いの手を差し伸べてくれるのをずっとその場で待っていたのだ。

オフィスビルの横でうずくまっていた猫

 その猫は、数日前からアメリカ、ニューヨーク州のオフィスビルの横にある雨風がしのげる屋根のある、ゴミだらけの場所にいた。

 目撃した人々の話によると、猫は孤独と恐怖からか、ずっとその場所から動くことができず、とても怯えており、餌を与えても食べないという。

 連絡を受けた動物救助団体「Puppy Kitty NYCity」のレスキュースタッフ、ミーガン・リカリさんは猫の様子を見に現場へと向かった。

 話に聞いた通り、ビルの横のゴミのある場所に1匹の猫がうずくまっていた。

誰かに捨てられた猫だった

 リカリさんは猫の頭を撫でると、安心したように「ニャー」となき、猫は立ち上がった。リカリさんは長年の経験から、この猫が野良猫ではないことがわかった。

 猫の態度から、かつて人に飼われていたものの、捨てられた可能性が高いという。捨てられてから時間が立っていたようで、毛づやはなくなり、耳も感染病に侵されていたという。

 すぐに保護しなければならない。だがリカリさんが今所持しているのは、犬用のキャリーバッグだけだ。猫は素直にバッグの中に入ってくれるだろうか?

 だがそれは懸念だった。猫はリカリさんにその身を預け、自分からバッグの中に入ってくれたのだ。

 猫はずっと誰かが救いの手を差し伸べてくれるのを待っていたようだ。

 猫は推定2歳のオス猫で、カポネと名付けられた。

 カポネを車にのせた瞬間、リカリさんは更に驚いた。カポネはすごく人懐っこく、リカリさんの膝の上に乗ってきたという。

 ずっと人間の愛情を求めていたのかもしれない。とても穏やかでやさしい猫だったのだ。

ゴミの中で寝ていた猫、今やニューヨークのタワマン暮らしに

 リカリさんはカポネを獣医の元へと連れて行き、適切な治療を受けさせた。十分に健康状態を回復したカポネは、やさしい飼い主と永遠の家が見つかった。

 ゴミの中で孤独と恐怖でうずくまっていた猫は、今やニューヨークの一等地に建つタワマンの住猫となった。

 カポネはもう、汚い地面に横たわる必要はない。高い場所から見下ろす生活を手に入れたのだ。人懐こいカポネは飼い主にも馴染み、この家の暮らしを満喫しているそうだ。

 リカリさんは辛い経験した猫が、幸せな暮らしを手に入れたのを知ることが、猫の救助活動の原動力になっているという。
この投稿をInstagramで見る

Puppy Kitty NYCity(@puppykittynycity)がシェアした投稿

written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル