top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『ピノキオ』正直ジョン役・とろサーモン村田インタビュー「ずっと半笑いであることを意識」「漫才のスタンスと役者業の共通点」

ガジェット通信

これまで、美しいメロディーと共に数々の名曲を世に贈りだしてきたディズニー。その中でも全世界の誰もが必ず一度は耳にした事のある珠玉の名曲「星に願いを( When You Wish Upon a Star )」を生んだ名作アニメーション『ピノキオ』 が実写映画化。 ディズニーが魅力あふれるキャラクターと映像美、珠玉の名曲で魅了するファンタジックな作品 『ピノキオ』がDisney+(ディズニープラス)にて独占配信中です。

本作で、ピノキオを悪の道に誘い込むキツネ「正直ジョン」の日本語吹替を担当した、お笑い芸人とろサーモンの村田秀亮さんにお話を伺いました。

「ずっと半笑いであること」を意識したアフレコ

――今回、正直ジョン役に抜擢された時のお気持ちは? キャスト決定の時のニュースでは「ドッキリだと思った」というコメントもありました。

ここ何年間の中いただいてきた声の仕事の中で一番大きな仕事ですし、最高に嬉しかったですね。最初は信じられなかったんですが、ドッキリにしては、ようわからんですよね(笑)。「ピノキオの仕事、入りましたよ」っていう。いざ現場に行ってみて、「あ、ほんまなんや」と実感が湧いてきました。

――周りからも反響が大きかったのではないでしょうか?

広告の後にも続きます

めちゃめちゃ言われます! 情報解禁のタイミングで、インスタやTwitterで告知したら、芸人の先輩、後輩、昔のマネージャーからも連絡が来ましたね。「すごいよ!」ってね。20代の時に、めちゃくちゃ喧嘩して別れた子からも「ピノキオ出んの?すごいね!」って来ました(笑)。こんなに素晴らしいお仕事をいただけることに感謝しかないですわ。

――アフレコはいかがでしたか?

ナレーションの仕事はこれまでも何度かやっていたんですけど全くやり方が違いましたね。歌を撮ったことがない中で、特にあんなハッピーな歌というのは初体験だったので楽しかったです。

(歌の)先生にも、すごく褒めてもらって。だんだん気分も乗ってくるから、より声に伸びも出てきて、めっちゃ楽しかったです。だから、歌を撮り終わってからも、しばらく家で歌っていましたね。車の中でも歌いながら。

――村田さんが演じられた「正直ジョン」というキャラクターへの印象はいかがですか?

しっかり詐欺師だな、と感じました。ああいう人、ほんまにおってね。大体、よう喋る人の横に無口な舎弟みたいな二人組で。正直ジョンとギデオンは狐と猫ですけど、歌舞伎町にはあの感じで黒服着た人間たくさんいますよね(笑)。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル