top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

矢沢永吉「台風下ライブ決行」で「帰宅難民出たと思ってない」 数百人タクシー待ちも…興行会社「22時半には解消」

J-CASTニュース

台風14号が九州に接近する中、ロック歌手の矢沢永吉さん(73)が福岡市中央区内の福岡PayPayドームでコンサートを行い、警察によると、一時タクシー乗り場に数百人の列ができた。

コンサートの運営側は、「タクシー待ちは22時半には解消し、ホテルも空きが十分にあり、帰宅難民が出たとは思っていません」と取材に説明した。

ドームのタクシー乗り場に数十メートルの行列ができたとの報道

福岡市内などでは、2022年9月18日に他の大物ミュージシャンらがコンサートを予定していたが、台風の接近で次々に中止を発表している。そんな中で、矢沢さんがコンサートを決行したのは、異例だとされる。

矢沢さんの公式サイトでは同日、ドームが屋根のある頑丈な作りで、ファンから「開催して下さい!」などと多数のメールが届いたとして、決行を発表した。ただし、「ご自身の判断で必ず安全を確保できる方、帰路につける方のみご来場ください」と呼びかけ、「今回は断念するという方には、全員ご返金させていただきます」とも説明した。

報道によると、コンサートは、ほぼ満席だったが、終了した20時ごろまでには、バスや鉄道が運行を中止していた。ドームのタクシー乗り場には、数十メートルの行列ができ、風雨が強い中でファン数百人が帰路を目指した。

広告の後にも続きます

ツイッターでは翌19日、ずぶ濡れのファンらが近くのホテルで部屋などを求め、ロビーで一夜を明かしたケースもあったとの投稿があった。この投稿をしたアカウントは、その後削除されており、真偽は不明だ。

とはいえ、帰路に困ったファンの姿がテレビなどで流れたこともあり、ツイッター上などでは、様々な意見が書き込まれている。ファンからは、コンサートを歓迎する声が多く、帰路に困っても「自己責任の問題」との指摘が出た。一方で、「案の定、帰宅難民出てる」「これは強行した方が無茶だった」などと手厳しい意見も見られた。

福岡市「参加者の安全をもう少し考えていただきたかった」

福岡県警の中央署にJ-CASTニュースが9月20日に取材したところによると、コンサート終了後に、タクシー待ちをしているファンが数百人いて、「風雨に晒されて危険な状態で、恐怖を感じている」といった内容の110番通報があった。

これを受けて、同署では、主催者に対し、風雨に晒されないようファンの安全確保に配慮するよう申し入れた。その後、ファンらには、風雨をしのげるドームの駐車場で待機してもらったといい、タクシー待ちも23時過ぎに解消したとした。

近くのホテルに部屋を求めるファンが来て、ロビーで一夜を明かしたケースがあったとは聞いていないという。

コンサートについては、もし大水害が発生した場合は、中止を警告するかもしれないとしたが、開催するかは、主催者の自主的な判断になり、天気予報に基づいて開催を止める権限は警察にはないとしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル