top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

クソドラマの法則?『オールドルーキー』『ユニコーン』最終回でやらかし…

まいじつ

×

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

9月14日、ドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)の第11話・最終回が放送された。あまりにもヒドイ最終回で炎上しているが、そもそも他の作品も最終回がヒドイと言われるケースが多い。

『テッパチ!』でまずヒドかったのは、ハッピーエンドにするための強引な展開だ。

【関連】『六本木クラス』新木優子が敗北? 恋の行方に「日本のドラマじゃ絶対にない」 ほか

「『テッパチ!』第11話では、退職届を出した隊員がいきなり現場復帰し、なぜか活躍する場面がありました。このような強引なハッピーエンドをやったドラマは、今期でいえば綾野剛主演の『オールドルーキー』(TBS系)。それまで主人公と対立していた会社の社長がいきなり改心して、唐突にすべてが解決。ネット上では『なんか打ち切りにでもなったような雑な脚本だった』と揶揄されました」(芸能記者)

他にも、クソ最終回にありがちな要素の一つとして、〝唐突なタイトル回収〟がある。『テッパチ!』では、最後に主人公が鉄帽=テッパチを被るシーンが、これ見よがしにスローで映し出され、上官が「もう一人前のテッパチだ」と嬉しそうに話す〝タイトル回収〟があった。

渾身の「タイトル回収」すらクソ展開!

広告の後にも続きます

しかし、これまで作中でテッパチを象徴的に扱うシーンなんてなかったため、テッパチを被るシーンに感慨深さはゼロ。ネット上では

《謎のスロー》
《ヘルメット被るくらいでスローモーションにすんなやw 全然1人前じゃねえだろw》
《テッパチを被って終わりね。はいはい》
《一人前のてっぱちだぁwwwwww》

と冷笑が漏れていた。

「永野芽郁主演の『ユニコーンに乗って』(TBS系)も、このような唐突なタイトル回収を行いました。ドラマ後半で、当初の目標だった〝ユニコーン企業〟という点から遠く離れてしまい、どうなるかと思ったら、主人公の佐奈(永野)が突然、年上部下の小鳥(西島秀俊)に向かって『小鳥さんは私にとってユニコーン』と謎の発言。『ユニコーンは伝説の生き物で、古くから希望や未来の象徴とも言われてるそうです。私は小鳥さんと出会ったことで、夢を持つ大切さを思い出すことができました』と、長たらしい説明台詞で必死にタイトル回収をしようと頑張って、めちゃくちゃになっていました」(同・記者)

なぜ日本のドラマは、ここまでレベルが低くなったのだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル