top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“安さ”だけで決められない。「保険診療」と「自由診療」のメリット・デメリット【歯科医師が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

×

国民皆保険制度には、安く治療を受けられるという利点がある半面、病院の経営維持のために受けなくてもいい治療が蔓延していたり、治療の範囲が限られてしまったりなどの弱点もあります。ところが日本人の多くは保険診療しか知らず、自分で治療法を選択するということが浸透していません。ヘルスリテラシーを高め、健康寿命を延ばすために、保険診療以外の選択肢も押さえておきましょう。歯科医師の金子泰英氏が解説します。

自由診療とは?

■「全額自己負担」でも、将来大きな病気にかかるリスクを減らせる

自由診療とは、公的な医療保険制度が適用とならない全額自己負担の診療のことを指します。予防医療をはじめ、不妊治療(一部保険適用あり)、代替療法、美容整形、国内で未許可の医薬品を使用する場合、保険適用外の医薬品を用いる場合などに自由診療と判断されます。

歯科の場合は、歯列矯正やインプラント(一部保険適用あり)、ホワイトニング、予防歯科などが自由診療となります。また、保険診療と自由診療の併用は混合治療として原則禁止されており、どちらか一方しか選ぶことができません。

保険診療は「この病気ならこの治療法」といった決まりや制限がありますが、自由診療の場合は患者一人ひとりに合った、オーダーメイドの医療サービスが受けられます。保険制度の細かい規制や枠組みに左右されることなく対応できるので、健康意識の高い患者が受けています。

自由診療は全額自己負担であっても、予防治療ができることで、将来大きな病気にかかるリスクが少なくなります。健康で長生きするためにも、自由診療での予防治療を上手に活用していただきたいと考えています。

「先進医療」とは?

■「厚生労働大臣が定めた高度な医療技術」で、“まだ保険適用外”な治療

広告の後にも続きます

自由診療とも保険診療とも異なるものとして「先進医療」があります。

がん治療では重粒子線治療や陽子線治療が代表的な先進医療です。歯科でいうと、自分の血液を採取し、その血液を遠心分離にかけ、抜歯窩(ばっしか)などに血小板のかたまりを入れて骨を再生させるCGF(Concentrated Growth Factors)法などがあります。

[図表1]代表的ながん治療法 出典:保険相談ナビ

先進医療の技術料は全額自己負担になりますが、それと同時に行われた診察や検査、投薬や入院にかかる費用には、医療保険が利用できます。ただし、先進医療を受けられる医療機関は、厚生労働省に届け出を済ませた特定の医療機関に限られます。

「保険診療」と「自由診療」のメリット・デメリット

■「自由診療=金儲け主義」という誤解もあるが…

国民皆保険制度による保険診療には予防治療が含まれないため、十分な予防治療を受けている人は少なく、日本では「予防弱者」が増えています。私は、決して保険診療が悪だとは考えていません。保険診療、自由診療ともにそれぞれメリット・デメリットがあり、それを理解して治療を受けることが重要です。

[図表2]保険診療と自由診療のメリット・デメリット

日本では、自由診療=金儲け主義、という誤解をしている方も少なくありません。

しかし、歯科では最低限の治療=保険診療、高水準の治療=自由診療という住み分けがあり、保険診療だけで患者が満足できる治療を行えるかは疑問です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル