top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

原爆投下…日本への「事前の警告なし」と決定された理由

幻冬舎ゴールドライフオンライン

×

※本記事は、本田幸雄氏の書籍『人類はこうして核兵器を廃絶できる 核廃絶へのシナリオ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】大統領に届かなかった…原爆投下を反対した「フランクレポート」とは?

《四》日本への原爆投下

はじめてヤルタ会談の内容を知った大統領

さて就任したばかりのトルーマン大統領は、大統領になって初めて一九四五年二月のヤルタ会談の内容も詳しく知りました。そのヤルタ協定では、

①ドイツ降伏後九〇日以内にソ連が日本との戦争に参戦すること

広告の後にも続きます

②モンゴルの現状は維持されること

③樺太(サハリン)南部をソ連に返還すること

④千島列島をソ連に引き渡すこと

⑤満州の港湾と鉄道におけるソ連の権益確保

などが決められました。

③の日露戦争で日本が獲得したサハリン南部を返還するのは当然ですが、④はルーズベルトの譲歩のしすぎと言われても仕方がないことでした。千島列島は、一八七五年の樺太・千島交換条約で、樺太での日本の権益を放棄する代わりに、得撫島(ウルップ島)以北の千島一八島をロシアが日本に譲渡しました。これはお互い納得の上での条約でした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル