top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森愁斗、初のドラマ出演に高まる意欲 『君の花になる』で開く俳優の道

Real Sound

×
森愁斗(撮影:池村隆司)

 本田翼が主演を務める10月18日スタートのTBS系火曜ドラマ『君の花になる』。本作は、ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花が、崖っぷちボーイズグループ・8LOOMの寮母となり、一緒に“トップアーティストになる夢”に向かっていく物語。

 劇中に登場するボーイズグループ“8LOOM”は、期間限定のボーイズグループとして現実世界でも実際にデビュー。物語と連動したライブやイベントなど多岐にわたる活動を行う予定で、9月21日には1stシングル「Come Again」を配信リリースする。

 8LOOMのメンバー・桧山竜星役を演じるのは、ダンス&ボーカルグループ「BUDDiiS」の森愁斗。実兄とのユニット「もーりーしゅーと」としても活躍中で、TikTokのフォロワー数は140万人を超える。昨年には、au三太郎のCMソング「ずっともっと」で披露した透き通った歌声も話題に。現在はバラエティ番組『よるのブランチ』(TBS系)、『沼にハマってきいてみた』(NHK総合)に準レギュラーとして出演しており、今回、演技に初挑戦する。

 「ドラマに出演するのが初めてで、これから俳優の道にも進んでいきたいと思っていたので、決まったときは本当に嬉しかったですね」と、緊張感の中に喜びをにじませる森。「ふだんアーティスト活動をしているんですけど、劇中のグループ活動ではいつもと違う刺激があると思うので、すごく楽しみです。演技をほとんどやってきていないので不安な点もありますが、このメンバーと一緒にドラマを大きなものにできたらいいなと思っています」と気合を入れた。

【写真】森愁斗の撮り下ろしカット8点

広告の後にも続きます

 ドラマのオーディションも「ほとんど初めてだった」という森は、「演技も何もわからない状態でやりました」と当時を回顧。グループ審査には綱啓永、山下幸輝らと臨み、「綱くんも山下くんも、人の良さが出ていてすぐに溶け込めました。何もわからなかったんですけど、演技って楽しいなと心の底から思えたので、こうやって一緒にメンバーに決まって嬉しいですね」と3人で頷き合った。

 8LOOMメンバーの結束力は日に日に高まっているようで、森は、その一端を八村倫太郎が担っていると語る。「倫太郎くんは、第一印象も今の印象も変わらなくて。顔合わせのときにはじめましてだったんですけど、めちゃめちゃ場を和ましてくれるムードメーカーだなと思いました。個人的には、7人の距離が縮まるかどうかは倫太郎くんにかかっているのかなと思っているくらい、すごく距離の詰め方が上手で。こういったインタビューのときにも場を和ませてくれる、ありがたい存在です」と、全幅の信頼を寄せた。

 演じる桧山竜星の愛称は「リュウセイ」、メンバーカラーは「オレンジ」。メン花は「ポピー」で、「陽気で優しい」「思いやり」「いたわり」といった花言葉がある。「桧山竜星は、歌うのが大好きな甘えん坊の弟キャラです。僕自身はお兄ちゃんも弟もいる中間の立場で、BUDDiiSでも中間役なので、弟キャラっていうのはあまり経験がなくて……。ふだんは甘えることもないので、楽しみではありつつ、模索しながらやっていかなきゃいけないなと思っています」と、ちょっぴり不安もある様子。それでも“歌が好き”という共通点を武器に、「ふだんは寝坊助だったり、あくびをしたり、竜星はちょっとだらしない一面もある人なんですけど、アーティスト活動しているときや、歌っているときのギャップに注目していただきたいなと思います」と力強くアピールした。

 森にとっての<花=原動力>は、「ファンのみなさん」だといい、「僕が皆さんに力を与えていく立場ではあるけど、その僕を支えてくれているのはファンの方だと思うので、“恩返し”を形にできたらいいなと思っています」とほほえむ。さらに、「僕はドラマを経験したことがないし、演技もほとんど初めてなので、いろんな経験ができてすごく嬉しいです。その分期待されていると思うので、その期待に応えて、みなさんに元気を与えられたら」と意気込んだ。

 オーディションから長い準備期間を経て、まもなくドラマデビューを果たす森。「ドラマでは、僕たちがアーティスト活動をする中でいろんな苦悩や葛藤を乗り越えていくことで、視聴者のみなさんを勇気づけられたらいいなと思っています。演じる役としても愛されたいですし、この作品を通して『僕自身のことをもっと知りたい』と思ってもらえるように頑張りたいです」と、決意を新たにした。

(取材・文=nakamura omame)

TOPICS

ジャンル