top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

密猟者から救出されたセンザンコウの赤ちゃん、人間の女性を母親のように慕う

カラパイア


 南アフリカでは、野生生物のセンザンコウの密猟が絶えない。違法取引されるセンザンコウを救出し保護した後、再び野生へと戻す活動に尽力している団体は、母親を密猟で殺されたセンザンコウの赤ちゃんを保護した。

 母を失いトラウマを抱えていたが、世話をしている女性を慕い、いつでもどこでもぺったりと張り付いているんだそうだ。



Rescued Baby Pangolin Loves Piggyback Rides | The Dodo Wild Hearts

母を失ったセンザンコウの赤ちゃんが保護される

 センザンコウは、中国では伝統薬として使用されることから需要が高く、世界で一番密猟されていると言われている哺乳動物だ。

 南アフリカのヨハネスブルグでは、センザンコウの違法取引が絶えず、センザンコウを保護し野生へと返す団体『African Pangolin Working Group』では、時にリスクを背負って密猟者を摘発する活動も行っている。

 ある日、チームは密猟者によって母親を殺されたセンザンコウの赤ちゃんを保護した。
この投稿をInstagramで見る

Johannesburg Wildlife Vet(@johannesburgwildlifevet)がシェアした投稿

 スティービーと名付けられた赤ちゃんは、スタッフによってヨハネスブルグ野生生物獣医院へ連れて行かれ、治療を施された。

 通常、センザンコウは生後6~8か月になるまで母と一緒に行動する。生後3~4か月と推定されたスティービーは、まだ母親が必要な年齢だった。

 そこで、ケルシー・スキナー博士がスティービーの母親代わりをかって出て、そのお世話をすることになった。

女性を母親のように慕うようになったスティービー

 いずれは野生に戻す予定で、しばらくの間母親代わりとして面倒を見ることにしたスキナー博士にスティービーが慣れるのに、そう時間はかからなかった。

 センザンコウの赤ちゃんは、小さい時には母親の背中や尻尾に乗って移動するという。スティービーは、献身的に世話をしてくれるスキナー博士を母親代わりとして受け入れ、背中に乗って移動するようになった。

 スキナー博士は、スティービーに自然で生きる術を教えようと背中に乗せて散歩に連れて出かけた。
シロアリの塚に来ると、スティービーは喜んで顔を突っ込み、40~45分間はシロアリを食べています。

また、草地の上で遊ぶこともあるのですが、それはスティービーが自然にいることを快適に感じているという印なのです。


 食欲もかなり旺盛で、スキナー博士が与える哺乳瓶のミルクをいくらでも欲しがり、元気に成長を続けたスティービーは、徐々に野生に慣らされ、ついに自然へと返る時が来た。

 「スティービーが私を受け入れてくれて、世話ができたことは貴重な経験です。このような機会を持てたことに感謝します」と話すスキナー博士。

 野生に戻って行ったスティービーが、この先密猟者に捕まらずに元気で生きてくれることを願っている。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル