top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ゴッホの名画「星月夜」をさらに楽しむ方法。錯視動画を見た後に鑑賞すると、不思議な世界へいざなわれる

カラパイア


 オランダの画家・ゴッホの代表作「星月夜」は、世界で最も有名で愛されている絵画の1つだ。夜空に幻想的な月と星が描かれたこの作品をより一層楽しむ方法があるという。

 錯視動画を見たあと、この絵画を見ると、もともと渦をまいたような夜空が、本格的にうねうねと動き出すのだ。

 この迫力ある臨場感をネットで体験することができる。

錯視で動く「星月夜」

 動画を再生すると、まず最初にモノクロの錯視映像が流れるので、20秒間じっと円の中央を見つめよう。その後ゴッホの星月夜の静止画像がでてくる。

 するとあら不思議!夜空の星が幻想的に動くよ。

see The Starry Night come to life and unravel!

 まるで動く立体絵画のように見えたかな?

 ゴッホの星月夜は1889 年に完成し、1941年以降、ニューヨーク近代美術館の永久コレクションの一部となっている。

 この絵が売りに出されることはないが、オークションにかけられた場合、数十億ドルもの値がつく可能性があるという。

フィンセント・ファン・ゴッホ 星月夜(1889年)/ image credit:public domain/wikimedia

 作品そのものが素晴らしいので、奇妙なトリックをくわえる必要性はないかもしれないが、この作品のより一層理解する手助けにはなるかもしれない。

 錯視が好きで絵画が好きなら、こんな楽しみ方もいいよね。

 Twitterでは上部画面に錯視映像が表示され、下部画面に常時星月夜の画像が固定されているバージョンが投稿されている。 written by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル