top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

急成長を遂げる「レンタルスペース」投資が〈ビジネスパーソンの副業〉に最適なワケ

幻冬舎ゴールドオンライン

×

シェアリングエコノミーに注目が集まる昨今、急成長を遂げているのが部屋を時間貸しする「レンタルスペース」です。このレンタルスペースを活用した投資は低リスクで、ビジネスパーソンの副業に最適なのです。実情を見ていきます。※本記事は、坂口康司氏著、小泉直弥氏監修『堅実な資産運用をしたいならこの1冊! レンタルスペース投資の教科書』(自由国民社)から抜粋・再編集したものです。

「レンタルスペース」ビジネスが成り立っている理由

近年急成長しているレンタルスペース投資ですが、最近の投資概念なので、「よくわからない」という人も多いでしょう。

まずわかりやすく定義をいたします。

簡単にいうと一時期市場が急成長した、「民泊」の時間貸し版と考えてください。

時間貸しでの部屋貸しということであれば、「貸し会議室」に近いでしょうか。

広告の後にも続きます

たとえば、ビジネスユースで「高田馬場」駅でオンラインによる打ち合わせをしたい場合、レンタルスペース専用のプラットフォームで「高田馬場 6月6日15時〜17時 会議・打ち合わせ」と入力し検索をすると、対象の部屋がずらっと出てきて、1時間800円くらいでオンラインでの打ち合わせをできるスペースを見つけられます。

宿泊ではなく、お客様がお金を払って、数時間の滞在をして、心地良い時間を過ごすことで「レンタルスペース」ビジネスが成り立っているのです。

ただ、貸し会議室はビジネスユースがメインですが、パーティーとか撮影スタジオ(人物写真、人物動画、商品写真の撮影など)での利用など幅広い借り方・貸し方があるのがレンタルスペースビジネスです。

[図表]

「パーティーはわかるけれども撮影利用って何?」

そう思う方もいらっしゃるでしょう。

具体的に説明すると、ネットショップを運営している人がちょっとした商品の撮影をするためにオフィスから近くて、撮影環境が整っているレンタルスペースで、商品撮影をすることがあります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル