top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂東彌十郎の笑顔が前半とはまるで違う意味合いに 『鎌倉殿の13人』重忠ロス発生中

Real Sound

×
『鎌倉殿の13人』写真提供=NHK

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第36回「武士の鑑」では、知勇兼備の武将として御家人たちからの信頼も厚い畠山重忠(中川大志)の最期が描かれた。北条家に深く暗い影を落とした重忠の死は、あまりにも衝撃的で切なく、しばらく重忠ロスが続く人も多いかもしれない。

参考:『鎌倉殿の13人』中川大志、大河史に刻まれた名演 あまりにも武士だった畠山重忠の最期

 そして、彼を死に追いやった張本人であり、気のいいお父さんだった北条時政(坂東彌十郎)が権力を握ってしまったがゆえに引き起こされる悲劇の数々。時政の運命の分かれ道にもスポットが当たり、物語は新たな方向に動き始めている。

 主人公・北条義時(小栗旬)の父であり、執権となった時政。戦場では肝の据わった凄みを見せるのに、愛妻のりく(宮沢りえ)に対しては、どんな状況でも弱すぎる。戦の話の最中に気軽に口を挟んだりくに対して、「それ以上口を挟むな!」「腹をくくった兵がどれだけ強いか、お前は知らんのだ」などと大声で制することもあるが、「声を荒げてしまった。すまん」と、後ですぐに謝る。優しく、穏やかな振る舞いは、演じる坂東彌十郎の人柄がにじんでいるようにも感じられる。

 「わしはな……皆の喜ぶ顔を見ると心が和むんじゃ」と笑顔を見せる時政。愛するりくの期待に応えたいと、いつの間にか当たり前のように無理を重ねていたのかもしれない。常に強気な妻にけしかけられるとはいえ、時政は娘婿でもある武士の鑑・畠山重忠の討伐を企てた。ことの発端は源実朝(柿澤勇人)の御台所を京に迎えに行く使節団に加わった時政とりくの息子・政範(中川翼)が京で急死したことにあるが、そもそも武蔵国の掌握を狙っていた時政とりくにとって、重忠は邪魔な存在になっていたのだ。

広告の後にも続きます

 りくに責付かれ、何かと重い腰を上げることが多い時政。誰に対しても鷹揚に構え、おおらかに接するのは彼の魅力の一つではある。しかし、真面目な重忠を前にして緊張感のない口調で武蔵国についての欲を露にしたのには、重忠の武士魂に火をつけてしまう結果となった。

 時政から、武蔵国の話を受けた重忠は義時に「体よく惣検校職を奪い取ろうというのではないですか。舅殿は武蔵国を奪い取るおつもりでは」「小四郎殿にはお伝えしておく。武蔵を脅かすようなことになれば畠山は命がけであらがう覚悟」と、キッパリ告げていた。重忠は見栄えがよいだけでなく、正義感が強く、勇敢な男。「私を侮ってもらっては困ります。一度戦となれば、一切容赦はしない。相手の兵がどれだけ多かろうが、自分なりの戦い方をしてみせる」という言葉には1ミリの嘘も紛れていない。

 義時が「畠山討伐は待っていただけますか」と必死で説得すると、そのときは素直に聞き入れるのも時政の良いところではある。「りく、やっぱりわしら、無理のしすぎじゃねぇかな」と、しみじみとした口調でりくをなだめようと試みたものの、野心に火のついたりくの心にその言葉は響かなかった。

 それどころか「政範だけでは済みませんよ。次は私の番かもしれないのです。そういうところまで来ているのです!」と逆にりくから焚き付けられ、時政は畠山討伐へと突き進むことになる。

 そして、北条に屈するよりも名を残して最後まで戦い抜く道を重忠は選び、義時と一騎打ち。激しい死闘を繰り広げ、ギリギリのところで義時の命を奪わない決断をする。謀反を企んだと罪を着せられ、息子を騙し討ちにされ、裏切られた思いでいっぱいだったとしても、義時に託すしかない思い。義時が本当に戦うべき相手を重忠は分かっていた。そして、その思いを託された義時もまた、本当に誰と戦わなければならないか気づいていたのだ。

 今回の、この「畠山重忠の乱」を経て、時政と義時の関係に変化が訪れた。父を見限った義時が何を目指し、どう動いていくのか……。(池沢奈々見)

TOPICS

ジャンル