top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

孤独のグルメ作者が新聞社の「宣伝してやるからインタビューただでさせろ」に不快感

ガジェット通信

人気漫画であり、人気ドラマとしても注目を集めている『孤独のグルメ』。その原作者である久住昌之先生(64歳)が、新聞社の態度に不快感をあらわにしている。文面から推測するに、不快感より怒りに近い感情にも思える。

最近、久住昌之さんはインタビュー依頼があったものの「今回は無償で」「報酬と著者校正はございません」などと言われた時点で取材を断ったという。以下は久住昌之さんのTwitterコメントである。

最近いくつかの新聞社から「孤独のグルメ」についてのインタビュー依頼があったけど「今回は無償で」とか「報酬と著者校正はございません」っていうので断る。「宣伝してやるからインタビューただでさせろ」っていうみたいな新聞社の態度は、時代錯誤で非常識


新聞社の「宣伝してやるからインタビューただでさせろ」という部分が嫌なようである。確かに、マスコミの世界には無料と有料のインタビューがあり、「宣伝になるしお互いWIN-WINだからいいよね」という考えのもと、無料でお願いしてくるパターンもある。

広告の後にも続きます

時と場合による、というのが正解との声もあるが、皆さんは今回の久住昌之さんの不快感、どのように受け止めただろうか。議論を深めてもいい話題といえよう。


※冒頭画像はフリー素材サイト『写真AC』よりギャラのイメージ

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル