top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「最近いくつかの新聞社から『孤独のグルメ』についてのインタビュー依頼があったけど」 原作者・久住昌之さんのツイートで議論に

ガジェット通信

10月7日よりシーズン10の放送が予定されている、松重豊さん主演の人気ドラマ「孤独のグルメ」。

原作は同名のコミックであるが、原作者・久住昌之さんが9月16日に行ったツイートが現在議論を呼んでいる。

最近いくつかの新聞社から「孤独のグルメ」についてのインタビュー依頼があったけど「今回は無償で」とか「報酬と著者校正はございません」っていうので断る。「宣伝してやるからインタビューただでさせろ」っていうみたいな新聞社の態度は、時代錯誤で非常識。

というもので、19日の時点で、9万を超える「いいね」を集めるなどして拡散されていた。
新聞社サイドと思しきユーザーからは、「金銭介在で記事の公正さに疑義が生じる可能性を排除するため」といったコメントなどが寄せられていたが、久住さんに賛同の意見も多数。取材する側と、取材される側の双方からさまざまな意見が飛び交っていた。

広告の後にも続きます

それら一連のツイートは『Togetter』にもまとめられ、こちらも話題となっていたようである。

関連:
「孤独のグルメ」久住先生が報酬・校正無しの取材を断った件で浮上した、『無償による真実性』という原則とそれに対する疑問の声
https://togetter.com/li/1945819[リンク]

※画像は『Twitter』より

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル