top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「子作りを阻まれた」歌舞伎界を激震させた爆弾発言の主は…/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

×

 未練たっぷりの元夫に対し、サバサバした口調で爽快に答える元妻。そんな対照的な姿が見られたのが、歌舞伎俳優の坂東八十助(のちの三津五郎)と、元フジテレビアナウンサー・近藤サトの会見だった。

 2人は不貞の末、98年11月にゴールイン。しかし、結婚からわずか1年7カ月後の00年6月27日、八十助が歌舞伎座の地下食堂で開いたのが、緊急離婚記者会見だったのだ。

 八十助によれば、サトが「これが自分なりに出した結論です」との書き置きを残し、実家のある岐阜に戻ったのは、00年5月末。

 離婚を発表するまでの1カ月間、「それこそ新幹線に何度乗ったかわからない」ほど岐阜を訪れて説得にあたったが、彼女の意志は固く、ついにこの日に至ってしまった──。そう語る八十助の目は終始うつろで、憔悴しきった表情からも、元妻への未練がありありと伺えた。

 一方、その2日後に名古屋のホテルで開かれたサトの会見は、終始サバサバしたもの。そして飛び出したのが「私は子供ができることを望んでいましたが、それを誰かの意思で阻まれるのは、理解できないことでした」という爆弾発言だったのである。

広告の後にも続きます

 というのも、八十助には前妻・寿ひずるとの間に跡継ぎの息子がいる。そのため、八十助が三津五郎の名跡を継ぎ、八十助の名は息子が継ぐというレールが出来上がっていた。

 となれば、サトとの間に男児が生まれた場合、跡目相続を巡って問題が勃発する可能性がある。そこで、梨園に携わる何者かにより「子作りを阻まれた」というわけなのである。

 しかし、会見で彼女は、それが誰なのかについては「お察しいただきたい」と答えるのみ。つまり、「当事者」はマスコミの皆さんで探して下さいね、というわけだ。

 さっそく、八十助の実妹を直撃。だが答えは「何もお話しすることはございません」。松竹の幹部らも「ばかばかしい話で、コメントの出しようがない」とけんもほろろである。

 伝手を頼り、なんとか八十助の後援者に辿り着くと、本音をこう吐露してくれた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル