top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

入門マニュアル「シニア再就職のリアル」〈タクシードライバー〉(3)事故さえ起こさなければ天国

アサ芸Biz

×

 2年でタクシーを辞めた私だが、今から7年前、紙媒体の売れ行きが下がり、月の3分の2が暇になったため再びタクシーを兼務(月平均8乗務)するようになった。東京に近い家から10分ほどの中小会社は、歩合率こそ低いが二種免許を持っていたため自由出勤となり、忙しい週末中心の出勤で編集業務が多忙だと休みがちになった。コロナで売上が下がった2年前は半年間休み続けたこともある。

 ところで、タクシーの金銭面は「完全歩合」だ。1日の売上高に応じて手取りの率が変わってくる。現在勤める会社では次のように定められている(金額は税抜き)。

・3万6000円以下 45%

・3万6000円〜4万円未満 50%

広告の後にも続きます

・4万円〜4万5000円未満 52%

・4万5000円以上 53%

 税抜き3万6000円(税込3万9600円)以下だと手取りは1万6200円。4万5000円(税込4万9500円)を売り上げれば2万3850円となる。「売り上げるほど手取りも増える」わけだ。

 一方、大手では最高歩合率が平均60%になる。仮に1日8万円(税抜き)売り上げた場合、大手だと60%=手取り4万8000円。対して私の会社は同4万2400円。1日5000円以上違うため、月給にするとかなり少なくなる。

 それでも勤務しているのは、大手会社は規律が厳しく、中小会社は緩いためだ。大手は3時間動かずにいると携帯や無線で連絡が来る。「死んでいるかも」と想定されるためだ。また、稼いでこない運転手には「もっとやれ!」と、管理者が小言を言ってくる。

 これに対し、私の勤める会社は10時間ほど休んでいても何も言われない。回送にして私用に使っていてもノープロブレム。最近はガソリン代が高いため早朝草野球の足替わりとしている。いわば好きに働けるため、歩合率が低くてもストレスを感じず、兼務としては最高の職場だ。年金をもらいながら働いている運転手は「事故さえ起こさなければ天国だ」と語っていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル