top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「会社辞めます」上司に伝えたら…まさかの返答に衝撃 ネットで反響呼んだ「退職エピソード」まとめ

J-CASTニュース

仕事の話題が何かとバズりやすいTwitter。その中でもとりわけ人気なのが、退職時の経験を伝えた投稿です。退職エピソードに注目が集まるのはなぜなのか。ツイートまとめサービスのTogetter(トゥギャッター)がTwitterから探ってみました。

忘れられない上司からの言葉

退職する時の上司の言葉や行動が忘れられない――そんな人も多いようです。

あるTwitterユーザーは上司に退職する意思を告げるとご飯に誘われました。引き留められるのかと思いきや「社長に引き留めろと言われたからとりあえず義務で聞いた、辞める気持ちはわかる」「社長がへこんでいるからトドメ刺すために何かいいたいことない?」と訊かれたそう。

退職すると言った後に上司から飯に連れ出され、引き止められるのかと思いきや言われた内容が最高だった「ある意味凄まじい送別だ…」 – Togetter

退職を決めた部下にとって、親身に接してくれた上司の態度は心強いものだったのではないでしょうか。

広告の後にも続きます

しかしこの上司のように、部下の気持ちを思いやれる人ばかりではないのも現実です。

あるTwitterユーザーは退職の意思を告げたときに専務から言われた言葉が、今になっても理解できていない、という話を投稿しました。

退職を会社に伝えた時の専務「君が心を入れ替えて会社に従順に生きるならこのまま残っても良い」→未だに何を伝えたかったのか分からない… – Togetter

その専務のセリフとは、「君が心を入れ替えて会社に従順に生きるならこのまま残ってもいい」というもの。この時を振り返り「私は大人になれなかった」とつぶやいていましたが、第三者からみても理解に苦しむのではないでしょうか。

これらのツイートを読んだTwitterユーザーからも、上司から言われた言葉についてのエピソードが集まりました。例えば「お前はどこ行っても通用しない」「労災になるので事故が起きた日以前に辞めたことにする」など、衝撃的なセリフが寄せられていました。

退職という人生の節目のタイミングで言われた言葉は心に残りやすいもの。思うところがあったとしても、辞める人の旅立ちは温かく見守りたいものですね。

仕事を辞めるべき時は「自分が惨めに感じたら」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル