top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

生命の痕跡か?NASAが火星のクレーターで有機物を発見

カラパイア

×

 火星で黙々とミッションを遂行中のNASAの探査車「パーシビアランス(パーサヴィアランス)」が、古代の三角州で有機物を含んだ岩石を発見したそうだ。

 パーシビアランス計画の科学者ケン・ファーレイ氏は9月15日の記者会見で、「三角州で調査した岩石は、これまでで一番有機物質の濃度が高い」「有機分子は生命の構成要素で、生命が住める湖跡に有機物を含む岩石があったことは、非常に興味深いことです」と述べている。

 発見されたサンプルは、将来的に実施される火星からのサンプル回収ミッションによって、2030年代に地球に持ち帰られる予定だ。

古代の三角州で有機物を含む岩石を発見

 パーシビアランスが探査を行なっている「ジェゼロ・クレーター」には、火星の川と湖が合流してできたと考えられる、35億年前の三角州(デルタ)跡がある。

 合計12個のサンプルが採取されたのは、かつての湖底だったと思われる場所だ。

 この三角州に堆積した岩は、まだ火星に水があったころ、さまざまな粒子が沈殿して形成されたものだ。最初の調査では、地下深くのマグマや火山活動によってできた火成岩が発見されている。

 今行われている2度目の調査では、有機物が発見された。有機物は以前にも見つかっているが、今回の発見場所は、大昔に生命が存在できたかもしれない湖だ。

 そこでは、ジェゼロ・クレーターから離れた場所で形成された粒子や岩石のかけらを運ぶ砂岩や、有機化合物を含む泥岩といったものが見つかっている。

サンプルが回収されたワイルドキャット・リッジの岩石(画面左下)。奥にスキナー・リッジ(右上)が見える / image credit:NASA/JPL-Caltech/ASU/MSSS

火星に生命が存在した痕跡か?

 数十億年前に蒸発しつつあった塩水湖に泥や細かい砂が沈殿して、幅1メートルほどの岩石が形成された。

 パーシビアランスが削り取ったのは、その「ワイルドキャット・リッジ」と呼ばれる場所の岩石だ。

 パーシビアランスに搭載されている有機化合物を検出する紫外線ラマン分光計「Sherloc」で分析した結果、硫酸塩鉱物と相関関係のある有機分子が含まれていることが判明した。

 この相関関係は、湖が蒸発していたとき、硫酸塩と有機物のどちらもこの地域に堆積して、そのまま保存されただろうことを示している。

 NASAによると、有機分子は炭素をはじめとするさまざまな化合物で構成されており、通常水素原子と酸素原子を含んでいる。また硫黄・リン・硫黄といったほかの元素を含むこともある。

 必ずしも生命がいなくても作られる分子であるが、それらの一部は生命を構成する欠かせない基本的な成分だ。また、こうした分子の存在は、「バイオシグネチャー(生命の存在を示す痕跡)とみなされることもある。

「ワイルドキャット・リッジ」の岩石 / image credit:NASA/JPL-Caltech/ASU/MSSS

2030年代、地球に回収される予定

 NASAとESAは協力して、こうした火星のサンプルを地球に持ち帰るべく計画を進めている。

 「マーズ・サンプル・リターン・ミッション」では、まず小型ロケットを搭載したランダーをジェゼロ・クレーター付近に着陸させ、ロケットにサンプルを積み込む。

 火星から飛び立ったロケットは、さらに火星軌道で別の宇宙船に回収され、これで地球に持ち帰られる。地球に到着するのは2030年代になる予定だ。

References:NASA Breakthrough as Rover Finds Strong Signal of Organic Matter on Mars : ScienceAlert / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル