top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「何言ってんの。ほんと恥ずかしい…」一緒に作った遺言書。死後知った夫の思いに、妻が涙を流したワケ

幻冬舎ゴールドオンライン

×

予期せぬ別れに直面したとき、人は何を思い、どう乗り越えるのか。書籍『もう会えないとわかっていたなら』(扶桑社)では、遺品整理会社、行政書士、相続診断士、税理士など、現場の第一線で活躍する専門家たちから、実際に大切な家族を失った人の印象深いエピソードを集め、「円満な相続」を迎えるために何ができるのかについて紹介されています。本連載では、その中から特に印象的な話を一部抜粋してご紹介します。

「お互いに迷惑をかけないため」の遺言書

佐々木さんはいつも笑っている方でした。七〇歳を過ぎてもアクティブに動き回る佐々木さんは、いつ会っても素敵な笑顔を見せてくれます。

そんな佐々木さんが、ご主人と一緒に遺言書の作成依頼に来たのは二年前のとても暑い夏の日でした。

私の事務所は、住宅街に抜ける商店街の途中にあるので、何の連絡もなしにふらっと訪ねてくる依頼者も珍しくはありません。忙しいときには日を改めてもらいますが、時間があれば、その場でお話を伺わせていただきます。

佐々木さんご夫婦も、突然ふらっと訪ねてきた依頼人です。お二人を見て、最初に抱いたのは「お洒落なご夫婦」です。

広告の後にも続きます

高級ブランドに身を包んだ佐々木さんとアロハシャツにサングラスというラフな出で立ちのご主人。アンバランスな組み合わせのようにも思えますが、そう見えなかったのは二人の距離が近く、一見して仲の良さが伝わってきたからなのかもしれません。

「突然来ちゃって、遺言書の相談ってできるのかしら」

佐々木さんが言うと、強面のご主人が優しい声でこちらを気遣います。

「俺は電話してから来ようって言ったんだけどよ」

その日は時間があったので、「大丈夫ですよ」と答えると、佐々木さんは「ほら、言ったじゃない!」とご主人の腕を軽く叩きました。

叱られた子どものように小さく笑ったご主人の姿をとてもよく覚えています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル