top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

リーマンショック級の暴落がきたら…運用で大損を避ける方法

幻冬舎ゴールドオンライン

今のポートフォリオのリスクを見直して、現状よりリスクを下げることを検討するとよいと考えます。

リスクをとりすぎていないか確認する方法

「バリュー・アット・リスク」で考える

自分がリスクを取り過ぎているか検証するのに役立つのが「バリュー・アット・リスク」の考え方です。バリュー・アット・リスクとは、資産を一定期間保有した場合、ある一定の確率の範囲内でどの程度損失が発生する可能性があるのかを統計的に測定した数値です。

図表では、100万円を1年間投資したときに1%未満の確率で失う可能性のある金額を掲載しています。逆にいえば、損失は99%の確率でこの金額の範囲内に収まるということです。この金額が高ければ高いほどリスクが高い資産だといえます。

[図表]100万円を投資した場合、1年間に1%の確率で失う可能性のある金額(バリュー・アット・リスク)

例えば日本株のインデックスであれば1%未満の確率で失う金額は20万円ですが、個別株では35万円になります。5倍のレバレッジを効かせたFXなら45万円で、暗号資産のビットコイン投資では85万円を失う可能性があるのです。

広告の後にも続きます

こうしたリスクを把握することも、リスクの適切なコントロールにつながると考えます。

なお、表内のバリュー・アット・リスクはすべて単一資産で算出しています。複数の資産を組み合わせた場合にはリスクが下がるため、バリュー・アット・リスクの金額も変わります。

岡野 大

株式会社sustenキャピタル・マネジメント 

代表取締役 最高経営責任者 CEO

山口 雅史

株式会社sustenキャピタル・マネジメント 

代表取締役 最高投資責任者 CIO

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル