top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

作家・阿古真理さんのキッチン探しストーリー 第六編「料理家さんたちのキッチン座談会」

クックパッドニュース

×

作家・阿古真理さんのキッチン探しストーリー 第六編「料理家さんたちのキッチン座談会」

「理想のキッチン探しプロジェクト」の始まりは、去年の夏。部屋探しをする中で、日本の賃貸住宅のキッチン事情の貧しさに改めて気づかされた。そこで、「令和の台所改善運動」を始めるべく、料理好きの仲間たちの協力を得て「理想のキッチン検討会」を結成し、オンライン座談会を行ってユーチューブで配信を始めた。

参加メンバーは編集者3人とスープ作家の有賀薫さん、そして私の5人。この活動は、参加した編集者たちの「キッチンについて語りたい!」という気持ちに火をつけたらしい。マガジンハウスの広瀬桂子さんは、4月25日号の『クロワッサン』で「あの人の工夫を拝見。台所と道具。」特集を組み、レシピ本のフリー編集者、綛谷久美さんは主宰するフェイスブック・コミュニティ『料理が仕事\ごきげん/Salon』で、改めて「理想のキッチン検討会」オンライン座談会を企画することに。

今回は、料理家3人が参加した5月18日開催のこの座談会の様子をレポートしたい。愛媛と名古屋、東京をつないだトークは、キッチンのヘビーユーザーならではの工夫と批評性が浮かび上がる内容になった。

撮影や来客も意識した「お手入れのしやすさ」を重視


今回のお題は、ズバリ「料理しやすいキッチンとは」。メディアやユーチューブなどの一般的なキッチンの情報は、お手入れしやすさと見た目についてが中心。大事なのは料理しやすさではないか、という私の疑問をぶつけたのだ。

1人目の参加者、やのくにこさんは東京出身で、現在はパートナーの地元、愛媛県で暮らす。二世帯住宅を建てた5年前、料理教室・撮影スタジオ・自宅用を兼ねる「夢のキッチン」を作った。

広告の後にも続きます

クリナップ製の壁付とアイランドの2列のシステムキッチンで、壁付はIHコンロ、撮影用のアイランドキッチンは、3口ガスコンロがついていて、両方に食洗機が入る。壁付キッチンは、156センチのやのさんがラクラク届くよう、袋戸棚の棚が電動で降りてくる。


やのくにこさんのキッチン、2列のキッチンの手前が撮影用、奥が家庭用で使い分ける

クリナップのシステムキッチンを選んだのは、インテリアコーディネーターの妹さんにすすめられたから。「オーダーできると知っていれば、と少し後悔しています」とやのさん。

野菜ソムリエの資格も持ち、愛媛の農家応援を兼ねた料理も教えるやのさんは、野菜料理もたくさん作る。後から知って「つけたかった」と後悔した設備の一つは、中に溝がついていて、台を置けば野菜の水切りができるシンク。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル