top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「どうか元気になって!」容体の悪化した保護猫プーシクくん、原因特定のため緊急手術へ

カラパイア


 数日前に元気な姿が公開されていたばかりの、ベラルーシの保護猫プーシクくん。今日投稿された動画によると、容体の悪化で原因特定のため手術を受けることになったそうだ。



 この動画には日本語の字幕がついているので、ぜひ字幕をオンにして見てほしい。



Omg! Is it a Tumor or What??? I’m Afraid!

 6月に体調不良が報告されていたプーシクくんだが、その後は元気そうな動画の投稿も続いており、安心していたお友だちも多かったと思う。



 飼い主のスラヴァさんたちも、今月の初めには、床屋さんでプーシクくんの毛を刈ってもらい、少しでも原因となりそうな要素を取り除こうとしていた矢先だった。

 確かにその後は元気を取り戻したかに見えたものの、実は体調は一進一退を繰り返していたようだ。繰り返される嘔吐と食欲不振。病院や獣医を変えても一向に体調は良くならない。

 何回も血液検査を繰り返すうちに、針を刺す場所もなくなって来た。それでもプーシクくんは、勇敢にもすべての検査に耐えた。

 最後に行われた血液検査の結果は良好だったという。

 だがとうとう、プーシクくんは、一切の食事を拒否するようになってしまったんだ。

 そして超音波検査の結果、腸に何かの影が映った。レントゲン検査では発見できなかったこの「何か」。2日間投薬治療を試みたが、状況の改善は見られなかった。

 腫瘍か、それともほかの何かなのか……? それを確かめるために、担当の医師は開腹手術を決断したとのこと。

 今回の動画はここまでの報告。その後の診断やプーシクくんの様子が更新されたら、すぐにお知らせしようと思う。深刻な状況ではないことを、心より強く祈っているよ。

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル