top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新日本プロレスVS全日本プロレス「仁義なき」50年闘争史【18】天才ジャンボ鶴田に翻弄された若き日の長州と天龍

アサ芸Biz

×

 1977年、新日本プロレス全日本プロレス両団体に、のちの日本プロレス界の主役になる男が海外武者修行から凱旋帰国した。

 まず3月4日に高崎市体育館で開幕した新日本「第4回ワールド・リーグ戦」に帰国したのが吉田光雄こと長州力だ。

 72年ミュンヘン五輪にレスリング・フリー90キロ級韓国代表として出場した吉田は、全日本のジャンボ鶴田(ミュンヘン五輪レスリング・グレコローマン100キロ以上級日本代表)の対抗馬としてスカウトされて、73年12月6日に新日本プロレスに入団した。

 翌74年8月8日、日大講堂でエル・グレコ相手に白星デビューを飾ると、同月31日にはドイツ・ハノーバーに出発。10月末まで欧州修行を行い、11月からはカール・ゴッチの指導を受けるためにアメリカ・フロリダ州タンパに移った。吉田はオリンピック代表の肩書きを持つ、新日本初のエリート・レスラーなのだ。

広告の後にも続きます

 だがフロリダでゴッチと衝突してしまう。学生時代にみっちりとトレーニングをやっていた吉田は、1日も早くプロレス特有の技術を覚えたいと思っていただけに、ゴッチとの反復練習は退屈だった。

 アパートを借りてゴッチの家に通っていた吉田は、ある時、ゴッチが迎えに来ても出ず。翌日からゴッチは来なくなったという。

 また2人が道場に鍵をかけてセメントマッチをやったという話もある。

 こうしてゴッチとの練習を勝手にやめた吉田は、75年1月からミツ・ヨシダのリングネームでフロリダで試合をするようになり、その後はカナダのモントリオール、ニューブランズウィックを転戦して2年半ぶりに凱旋帰国した。

 水色のジャンパー、白のタイツとシューズ、髪にはパーマがかかり、爽やかなアイドル風に変身した吉田はロベルト・ソトとの公式戦が帰国第1戦。現在、プロレスリング・ノアの清宮海斗がフィニッシュ技として使う、ブリッジしながら相手の両腕を極めるダブルアームロック(原爆羽根折り固め)で快勝した。

 ワールド・リーグ戦は全選手総当たりだったが、吉田は優勝した坂口征二、準優勝のマスクド・スーパースターに負けた以外はニコリ・ボルコフと両者リングアウトになっただけで、先輩の星野勘太郎、永源遙、木戸修、トニー・チャールス、ソト、ベラ・ロドリゲスに勝って3位に。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル