top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オンライン取引は便利だが思わぬリスクも…「ネット不動産」の実態【弁護士が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

×

不動産取引をオンライン上で行う「ネット不動産」が解禁されました。これにより、内見のために移動する時間やコストが削減できるなどの面で一般消費者の利便性が向上する一方で、なりすましなどのリスクも新たに発生しています。ネット不動産の普及は私たちの生活にどのような影響をあたえるのか、企業法務に詳しいAuthense法律事務所の西尾公伸弁護士が詳しく解説します。

ネット不動産とは

ネット不動産とは、不動産取引のオンライン化のことです。インターネットの発達と宅建業法の改正などにより、不動産取引の実情は大きく変わりつつあります。

たとえば、従来では上京先で借りる予定のアパートを探したければ、そのために1度現地へ出向いて内見をすることが一般的でした。

また、その物件を契約するためには不動産仲介会社の事務所へ出向き、宅建士から対面で重要事項説明を受けたうえで、書面で契約を交わさなければなりません。

このような状況が、ネット不動産の解禁などにより変わりつつあります。ネット不動産の全面解禁により、これらすべての手続きがオンラインで完結できることとなったためです。

ネット不動産を利用するメリット

広告の後にも続きます

一般消費者にとって、ネット不動産を利用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか? 主なメリットを、5つ紹介します。

移動時間や移動費用の節約となる

ネット不動産を利用する最大のメリットは、移動時間や移動費用を節約できる点にあります。

従来は、上京や海外からの帰国などに伴って今後生活する場所となる不動産を探すにあたり、現地で内見しなければ物件の状態がよくわからない点や、契約の前に対面で説明を受けるべきであった点などがハードルとなっていました。

一方、オンラインで内見をするサービスを利用することにより、遠方からであっても物件の様子を確認することが可能となります。特に最近では、技術の進歩により、WEB上からでも実際の現地での内見と変わらない程度に物件の状態を把握できるサービスなども見受けられます。

また、物件の賃貸借契約の際の重要事項説明などもオンライン上で完結できることにより、わざわざ説明を聞いたり契約を交わしたりするためだけに、現地近くの仲介会社まで出向く必要がなくなりました。

場所を問わずに利用ができる

オンラインで内見や契約が完結できるとなれば、そのためだけに現地へ出向く必要がなくなります。そのため、場所を問わずに物件の賃貸や購入をすることが可能です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル