top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車が立ち往生して警察を呼んだら、射殺されてしまった青年の悲劇

カラパイア

×

  またアメリカで銃による痛ましい事件が起きたようだ。

 道路脇に車が突っ込み、立ち往生してしまった青年が、助けを求めて呼んだ警官によって射殺されてしまったのだ。青年は手でハートマークを作り、敵意がないことを示したが通じなかったようだ。

 警察の記録用カメラがとらえた映像には、警官に囲まれて怯える青年の様子や、事態がエスカレートしていく緊迫した場面が映し出されている。

 遺族はただ助けを求めていただけの息子を警官が射殺したと非難。法に照らして現場の警官たちを徹底的に訴追するよう、当局に求めている。

夜中に車が立ち往生した青年が警察に救助要請

 2022年6月10日、夜更けに車で路肩に突っ込んでしまい、身動きが取れなくなったクリスチャン・グラスさん(22歳)は、助けを求めて警察に連絡した。

 このとき、オペレーターに武器を所持しているかと問われた。

 グラスさんは地質学が趣味で、発掘の道具として、「ナイフ、ハンマー、ゴム槌」を持っていると回答。くわえて、自分に敵意はないので、警官には手がよく見えるようにすると伝えている。

 だがこのオペレーターは現場へ向かう警官に、」通報者は武器を持っており、警官が到着したら窓から放り投げる手筈だ」と連絡した。

 この時点ですでに誤解があったような印象がある。

 警官のボディカメラによって撮影された映像は、路肩に突っ込んだグラスさんの車に、コロラド州クリアクリーク署の警官2人が近寄るところから始まる。

 警官は最初からかなり威圧的で、グラスさんに車から降りるよう指示。グラスさんは、どうか車から引きずり出すのはやめてほしいと懇願。「怖いです」と訴える。

 警官は「武器を持っているのだから車から降りろ」と繰り返すと、グラスさんは「ナイフとハンマーを窓から捨てる」と伝えるが、警官は耳を貸さない。

 警官は降りろと繰り返しつつ、車の窓を壊すと示唆。

 グラスさんは、どうかやめてほしいと懇願するが、警官は車内のナイフを目にすると銃を抜き、さらに車から降りろと指示。

 グラスさんはかなり動揺しつつ、自分の安全のために車から降りることができないと拒否した。手でハートを作ったりと、敵意がないことを示そうともしている。

 「ただ車を押してもらいたいだけなんだ」と説明するも聞き入れてもらえない。

 やがてさらに複数のの警官が現場に到着する。こうした警官たちは、最初の警官ほど威圧的ではない。たとえば、女性の警官は「助けに来たのよ」と優しく語りかけている。

 また警察署のスタッフと現場の警察との間で、グラスさんが犯罪を犯しておらず、自殺や殺人といった危険がないのなら、彼を車から降ろす必要はないとのやり取りもある。

事態はエスカレートし、ついに発砲

 事態が急に緊迫し始めるのは70分ほど経過した頃だ。

 警官は車の窓の破壊を決定。警官の1人がグラスさんに「そろそろ夜が明けるから、こちらも行動するぞ」と告げると、別の警官が助手席側の窓ガラスを叩き割った。

 するとグラスさんは防衛のためにナイフを手に取り、周囲の警官がグラスさんに武器を向ける。

 「ナイフを離せ」と指示されると、グラスさんは叫び出した。ここで警官が数回発砲。車内の彼は叫びながら、激しく暴れている。

 さらに警官はスタンガンを使用し、悲鳴がこだまする。警官がナイフを捨てれば、「助かるぞ」と告げるが、グラスさんは「神よ、お聞きください」と叫び始め、さらに発砲される。

 警官が窓を破って、グラスさんを車から降ろす。彼は警官らに射殺され、現場で死亡した。

 グラスさん死亡からまもなく、警察からこの事件について声明を発表。

 警官が車の後の窓から手を伸ばそうとしたところ、ナイフで刺されそうになったので発砲したと説明された。警察はコメントの求めには応じていない。

遺族側は現場警官の責任を追求する構え

 9月13日、遺族と弁護士は「記者会見」を開き、グラスさんは「穏やかで礼儀正しい子」で、運動と芸術と料理が得意だったと述べている。

 また警察の説明に対して、息子は恐怖で身動きが取れなくなっており、呆然自失の状態にあったと反論している。

 検死の結果、アルコールや薬物の類は一切検出されなかったのことだ。

 遺族は、「警察に助けを求めただけで、死刑宣告するなど許されない」として、現場の警察官たちを徹底的に訴追するよう検事当局に求めている。

 また遺族側によれば、警官は遺体を確認するとき、意図的にカメラをオフにしていたとのことだ。

 Vimeoには、警官のボディカメラ映像が投稿されているが、衝撃映像につき閲覧注意となっている。

References:He Called 911 Because His Car Was Stuck. The Cops Killed Him. / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル