top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ちむどんどん」放蕩息子・賢秀は更生したまま最終回迎えるのか? 識者が考える残り2週間の展開

J-CASTニュース

2022年9月14日に放送されたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の第113回に対し、視聴者から、主人公・青柳暢子(黒島結菜さん=25)の兄・比嘉賢秀(竜星涼さん=29)が「更生した」と喜ぶ声が上がった。

「いつの間にかニーニーを更生させてくれた奇跡の人になってる清恵」

この日の放送では、賢秀(ニーニー)が自らの過去を顧みるシーンがあった。番組冒頭、賢秀は自身が勤務する養豚場から家出した、養豚場の娘で同僚の猪野清恵(佐津川愛美さん=34)を、新たな勤務先であるスナックの前で発見。養豚場に戻るよう説得したが、その際「私は嘘つきで、最低なんだよ!」と叫びつつ戻ることを拒否する清恵に対し、

「俺だって負けてない。万引きして、ケンカして、家族に迷惑かけて、怪しい話に乗って、すぐ騙されて、みんなに嘘ついて。だけど、お前が教えてくれた。人間はやり直せる。何度でもやり直せるわけ。俺は、お前とやり直したいわけよ!」

と、自らを引き合いに出して、人間はいつでも再起できると力説しつつ清恵に愛を伝えた。

このシーンに対しては、

「今日のちむどんどんは良かったやん! 賢秀がやっと立派になったなー!」
「いつの間にかニーニーを更生させてくれた奇跡の人になってる清恵」
「ニーニーもこれでやっと落ち着くね」
「ニーニーやっと家族に恩返しできたな」

という声がツイッターに上がる事態に。というのも、作中での賢秀はこれまでに、幼少期の回想シーンでの万引きに始まり、路上にたむろしていた若者とのケンカ、親戚から借りた金を怪しい投資話に注ぎ込んで全額を持ち去られる詐欺被害、効能が不明な健康食品の販売、さらにはねずみ講に手を染めるといった放蕩三昧を繰り返してきたからだ。

広告の後にも続きます

しかし、9月14日の放送で賢秀は、それらを全て反省したようにも思える言い回しで人間の再起はいつでも可能だと説いた。9月30日の最終回まで残りわずかであるという状況を考えれば、これまでの散々ぶりから賢秀が更生して最終回を迎える可能性もある。一方で、「やっとニーニー落ち着くのか。次また騒動おこしたら本当に呆れるわ」と、賢秀がやはり放蕩三昧の生活に戻ってしまうことを心配する声も上がっている。

J-CASTニュース編集部は書籍「ネットと朝ドラ」(blueprint)を上梓したライターの木俣冬氏に、賢秀が晴れて真人間となって最終回を迎えるのか、はたまたそうではない終わり方をするのか予想を依頼した。

「我那覇が出てこなければ大丈夫な気がします」

編集部が「賢秀は更生した状態で最終回を迎えられるのか?」と質問すると、木俣氏は今後の賢秀について「犯罪に近いことはもうしない。清恵に支えられながらコツコツ、養豚業を営んでいくでしょう」と見解を示した。一方、「こういう兆候が出てこなければ最終回の時点で賢秀は安泰と考えられる演出やセリフのポイントはあるか」という質問に対しては、

「第115回では賢秀が母と兄妹の目の前で清恵にプロポーズしており、このまま結婚して養豚場を継ぎそうな時点で真面目にコツコツ働くようになる気がします。我那覇が出てこなければ大丈夫な気がします」

と、作中で何度も賢秀をだました我那覇良昭(田久保宗稔さん)の登場さえなければ問題は起こらないのではないかと指摘した。

さらに、賢秀が残り2週間で再び放蕩ぶりを見せた上で、最終回ではまた更生して物語が終わるというダイナミックな展開になる可能性はあるかについて聞くと、木俣氏は次の通り見解を寄せた。

「賢秀にはもう尺は割けないのではないでしょうか。歌子と智の関係が残っていますし、最後は主人公の暢子のことを描かないと収まらないでしょう。賢秀は第113回の一世一代の告白と、第115回の空っぽの指輪の箱のプロポーズで終了だと想像します。あとは、最終回に、その後の賢秀が豚と清恵に支えられながら相変わらずおおらかに生きている状況が描かれる程度では……。笑い話で済むようなちょっとした困ったことをしでかしているくらいのことはあるかもしれないですよね」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

TOPICS

ジャンル