top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

メーガン妃、「服のシワ」がきっかけで“思わぬ疑惑”が浮上する

フロントロウ

×

ウィンザー城の前にウィリアム皇太子夫妻らとサプライズ登場した際に着ていた服のシワがきっかけで、“ある疑惑”が浮上している。(フロントロウ編集部)

メーガン妃が着ていた“服のシワ”に注目が集まる

 イギリス王室のエリザベス女王が亡くなってから2日後の現地時間9月10日、“ファブ4”の愛称で知られるウィリアム皇太子&キャサリン妃夫妻とヘンリー王子&メーガン妃夫妻が、女王を追悼しようとロンドン郊外のウィンザー城の前に集まった人たちの前にサプライズで姿を現した。

 ご存じの方も多いと思うが、2020年3月末に王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃と、父チャールズ国王や兄ウィリアム皇太子をはじめとするロイヤルファミリーのメンバーのあいだには、大きな溝があると言われている。その溝は今も埋まっていないが、王室に近い関係者が英Daily Mailに語った話によると、今回のサプライズ登場はウィリアム皇太子からヘンリー王子夫妻に声をかけたことで実現したそうで、途中、ウィリアム皇太子がヘンリー王子に話しかける場面もあった。

 ウィリアム皇太子とキャサリン妃、ヘンリー王子、メーガン妃の4人がそれぞれ集まった人たちと言葉を交わすなど、当時、現場は和やかなムードに包まれていたが、後日、このときメーガン妃が着ていた服のシワをめぐってさまざまな憶測が飛び交うことに。

広告の後にも続きます

 きっかけとなったのはこの写真。向かって右側のウェストのあたりに、何やら四角いかたちをしたシワが。それに気づいた一部の人たちから、メーガン妃が“密かに会話を録音するために装置を身につけいたのではないか”という声があがった。

 昨年、オプラ・ウィンフリーと行なった対談で王室の内情を暴露してひんしゅくを買ったメーガン妃とヘンリー王子は、その後も別のインタビュー等で王室に批判的な意見を口にするなど、王室ファンから“ロイヤルファミリーを陥れようとする危険人物”と見なされており、盗聴疑惑が浮上した背景にはそういった事情も深く関わっているようだ。

 ちなみに、米PageSixの取材に応じたメーガン妃に近い関係者は、疑惑について「これは非常識であり、実際に彼女に損害を与えています。もちろん、彼女はマイクを付けていませんでした」と強く否定している。(フロントロウ編集部)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル