top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

これこそレディー・ガガ!日本愛炸裂、社会問題にも言及したショーがさすがすぎた【ライブレポ】

フロントロウ

×

9月3日にベルーナドーム(西武ドーム)で行なわれた、レディー・ガガの来日公演の様子をレポート。(フロントロウ編集部)

レディー・ガガの来日公演の初日をレポート

 9月3日と4日にベルーナドーム(西武ドーム)で来日公演を行なった、シンガーのレディー・ガガ。2016年の来日はアルバム『Joan(ジョアン)』のプロモーションのみだったため、日本でパフォーマンスを行なうのは約8年ぶり。ガガも久しぶりの来日を楽しみにしていたようで、公演の4日前から日本入り。

この投稿をInstagramで見る

Lady Gaga(@ladygaga)がシェアした投稿

ガガの来日公演は入場前からエンターテイメント

 ガガの公演では、“リトルモンスター(ガガのファンの通称)”が、“マザーモンスター(ガガ)”に見習い、ド派手なスタイルで参戦するのが通例。今回の公演では、アルバム『Chromatica(クロマティカ)』のテーマカラーがピンクだったことから、ピンクをメインにする人が目立ち、それぞれが思い思いのスタイルで参戦。ひと目見ただけでも、ガガの公演を見に来た人と分かるくらい派手な恰好のリトルモンスターたちが目に入り、開演前からお祭りムード全開。会場の外にはガガの旗が立てられており、そこで記念撮影をする人が多かった。

広告の後にも続きます

 ド派手なスタイルで参戦する人がいる一方で、杖をついたおじいちゃんのファンや、両親に連れられている小さな子どものファンも。老若男女に愛されるところに、ガガのグローバルなスーパースターとしてのレベルを感じさせる。

 会場に入ると、アリーナの人には遠隔操作で色を変えられるリストバンドが各椅子に置かれ、これを腕に巻いて待機。そして今か今かと待ちわび、定刻を5分すぎたところでライトが一気に消され、ここからガガワールドがはじまった。

大ヒット曲でファンのハートをわし掴み

 ガガの登場をじらすかのように、5分に渡り会場内に流れた映像。この映像で観客の期待がマックスまであがり、ストリングスのイントロが鳴り響くと、ガガの影が登場。

Masanori Naruse

 久しぶりのガガの姿に、常時着用が必須だったマスクを着けたままファンは大絶叫。「東京、手を挙げて!」というガガの掛け声から「Bad Romance」、「Just Dance」、「Poker Face」とヒット曲のオンパレード。しょっぱなからファンのボルテージは最高潮で、挨拶がてらとは思えないほど最初から飛ばしまくりのパフォーマンスはファンの心を掴んで離さなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル