top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「もういい。1人で帰って」同棲中の彼女をタクシーに残して、去った彼。怒りの理由とは?

東京カレンダー

×

「もういい。1人で帰って」同棲中の彼女をタクシーに残して、去った彼。怒りの理由とは?

東京…特に港区は、ウソにあふれた街。

そんな港区を走る、すこし変わったタクシーがある。

ハンドルを握るのは、まさかの元・港区女子。美しい顔とスタイル。艶のある髪。なめらかな肌…。

乗客は皆、その美貌に驚き、運転席の彼女に声をかける。

けれど、彼女と話すには、ひとつルールがあった。

「せめて乗車中はウソ禁止です」

乗客たちは、隠れた本音に気づかされていく――。

▶前回:タクシー・ドライバー 〜柊舞香〜:港区女子を辞め、運転手に転職した美女。きっかけは?



六本木~三軒茶屋 京子と慎太郎


― ああ、今日も楽しかった!ちょっと飲みすぎたなぁ。

日中の暑さがウソのように涼しくなった9月の、金曜の夜。

京子は、六本木のバーで女友達と3人で飲んでいた。

腕時計は午後10時50分を指し、ふわふわした心地いい酔いが回っている。

京子はスマホを取り出すと、家で待つ慎太郎に「迎えに来て」と電話をかけた。

― 別に、体調が悪いわけじゃないよ。甘えたいだけ。

京子と慎太郎は、付き合って4年。今は三軒茶屋で同棲している。

飲みに出かけて夜遅くなるのは、いつも京子のほうだ。

「大丈夫?飲みすぎたの?」

慎太郎は、タクシーで駆けつけてくれて、京子の会計を代わりに支払ってくれた。

六本木通りにあるヒルズの入口の交差点で、京子は慎太郎にしがみつく。

頬を彼の胸に沈めたまま、うっとりとした表情を浮かべた。

「このフィット感、好き。超好き」

「さあ、タクシーが来たから、乗るよ」

やれやれ、といった口調で慎太郎は言った。

まさかこの夜に、京子は慎太郎と喧嘩になるなんて、思ってもいなかった――。


タクシーに乗るとき、京子はいつも無条件で警戒する。

なぜなら、運転手に高確率でイライラさせられるからだ。

京子はよく慎太郎に愚痴っていた。

「タクシー運転手のオッサンって、どうしていつもタメ口なわけ?」

タクシーに乗るときは大体、酔っ払っているときだからか、実際に運転手と口論になったことも1度や2度ではない。

「あいつら、こっちが若い女だからって舐めてんのよ。わざと道を遠回りして料金をズルしようとすんの」

めったなことで怒らない慎太郎は、毎回のように怒る京子をなだめ、そして優しく正してくれる。

「わかるよ、そうだよね。でも『あいつら』なんて言わないほうがいいよ」

だから、この夜に捕まえたタクシーにも、警戒しながら乗り込んだ。

しかし、意外なことに運転手は、京子と同年代くらいに見える美しい女性だった。

ネームプレートによれば「柊舞香」という名前らしい。

運転手が男性ではなく女性で、しかも今夜は慎太郎も同乗している。穏やかな気分で家まで帰れるだろうと、京子は期待した。

だが結局、イライラさせられて、口論にまで発展したのだ。

ただし相手は、運転手ではなく、慎太郎だった。



喧嘩のきかっけは、京子が、友人の彼氏を褒めたことだった。

「サヤカちゃんの彼氏って本当、愛情表現が多いんだよ。いい彼氏だよね、うらやましいな」

京子は、悪気なく言ったつもりだったが、その言葉を聞いた瞬間に、慎太郎が明らかにムッとした表情になった。

横目でそれに気づきながらも京子は、酔いが回っていたせいか話を続けてしまう。

「慎太郎も、もっと『愛してる』とか言ってほしいな~。感情を出してほしいな~」

すると慎太郎は握っていた京子の手を離し、そっぽを向くように車窓を見た。

「…口だけなら何とでも言えるだろ」

日頃の慎太郎からは想像できない暗い声に、京子は驚いた。

他の男を褒めたことで機嫌が悪くなったのかもしれない。

― なによ。これぐらいいいじゃん。

京子もまた反射的にムッとする。

「なによ、怒ったの?」

「怒ってないよ」

― 怒っている男は大抵そう返すわ。

「ウソね。怒ってるじゃん」

慎太郎はひとつ溜息を吐いてから、告げた。

「…あのね、俺、今夜仕事してたんだよ。もうすぐ納品なんだよ」

慎太郎はWEBデザインの仕事をしていて、納品日の直前は、深夜に自宅作業することもよくある。

「だから最後の追い込みをしてたのに、深夜飲みすぎて酔っ払って『迎えに来て』って電話してきた彼女のために、こうして迎えに来たんだよ。どう考えたって『愛してる』に決まってるでしょ」

「…でも女は『愛してる』って言葉にされたいの」

酔っていた京子はじゃれあうつもりでそう言った。しかしシラフで仕事中だった慎太郎には届かない。

「いや、なんか、もういいわ。俺、疲れた」

すると慎太郎は「運転手さん、停めてください」と舞香に告げた。渋谷セルリアンタワーの手前だった。

「俺、ちょっと歩くわ。会計はネット決済だから、そのまま降りていいから」

慎太郎は京子に告げ、ひとりでタクシーを降りてしまう。



「お客様は…降りないんですか?」

呆気に取られて一人でタクシーに残っていた京子に、舞香は尋ねた。

「…いいです。行ってください」

京子は完全に機嫌を悪くしていた。

慎太郎が突然怒ったことが許せなかった。そもそもなぜ怒ったのか、理解ができない。

― なんなの、慎太郎のヤツ。腹立つ。

そのままタクシーは三軒茶屋へ向かって、ふたたび国道246号を走り出す。車内は無言になった。

池尻大橋駅を通り過ぎるころ、京子は沈黙に耐え切れず、舞香に問う。

「運転手さん、今のどう思います?」

「…今の?」

「今の私と彼の会話、聞いてたでしょう?どう思います?」

「もしかして、私に相談してますか?」

「はい。客観的な意見が欲しくて」

そう前置きしてから京子は、今夜の経緯や、日頃の慎太郎について説明する。

静かに頷いてくれる舞香に対して、京子は自然と饒舌になった。

「お客様…ひとつ質問があるのですが」

一通り話を終えると舞香は聞いてきた。

「彼に、ご不満があるのですか?」

「不満かぁ…。それは正直あります」

「どんなところが不満ですか?」

「ずっと何となく不満なんです。でも不満の正体が自分でもわからない」

周りの友達は、みんな口を揃えて言う。「あんなに優しい彼氏はいない」と。

しかし京子は、慎太郎に対して、以前から漠然とした不満を抱いていたのだ。

舞香はバックミラー越しに視線を送ってくる。

「では、もうひとつ質問があるのですが」

「なんですか?」

「正直に答えてくださいね。このタクシーに乗っている間だけは、ウソは禁止です」


「へえ、ウソ禁止」

この運転手さんおもしろい、と思いながら京子は答える。

「私は日頃から、ウソは言わないんです。思ったことは何でも包み隠さず口に出すタイプだから」

「良かったです」

バックミラーの中で舞香は微笑む。

「それでは、もうひとつの質問です。『彼はめったに怒らない』とおっしゃいましたが、今日はどうして怒ったのだと思いますか?」

それがわからないから相談してるのに。内心でイラっとしながらも京子は答える。

「たぶん仕事の途中だったから…じゃないかな」

「はたして、本当にそうでしょうか」

「え?…じゃ、運転手さんは何が理由だと思うんですか?」

「私にもわかりません」

「なにそれ!」

「そもそも私は、車内での会話やお客様の話を聞くかぎりでは、彼が優しい人なのか、それとも冷たい人なのか、その判断すらついていません」

「優しい人に決まってます」と即答しようとするが、京子はハッとして口をつぐんだ。

― 本当は私、慎太郎のことを「優しい人」だとは思っていない…。

たしかに、周りからは優しい彼氏だと称賛される。しかし4年も付き合ってきた今、その称賛には違和感がある。

― 慎太郎は優しいんじゃなくて、きっと人に興味がないだけ。ただの冷たい人間なんじゃないか。

それが、漠然とした不満の正体であることに気づく。

京子の心の中を見通すように、舞香は言った。

「『怒らない人間は優しいのではなく、他人に期待をしてないだけ』

そんなこと言う人もいますが、どうですか?お客様の彼もそうですか?」



しばらく押し黙っていた京子だが、タクシーが三軒茶屋駅を通過し、国道246号から世田谷通りへ入るところで、口を開いた。

「運転手さんに言われて、慎太郎に抱いていた不満の正体に、ようやく気づいたかも…」

「…どんな不満ですか?」

「めったなことでは怒らない、私と違って感情的にならない慎太郎が、ずっと不思議だったんです。

もっと怒ってもいいと思う。もっと悲しんでほしいし、もっと喜んでほしいし、もっと楽しんでほしい。

もっとストレートに思ったことを表現してほしい。

…ずっと、そう思ってたんだ」

京子はいつだって良い感情も悪い感情も慎太郎へぶつけてきた。

だから慎太郎にも同じように、自分にまっすぐ感情をぶつけてほしいと思っている。

「だとしたら先ほど彼が怒ったのは、お客様にとっては大正解だったということですね」

「まあ、そうなんですけど…」

歯切れの悪い返事になる。

「けど、急に怒られて、なんか…それはそれで違う気がして…」

「どう違うんですか?」

「わからないです。でも私、悲しかった」

「悲しかったから、お客様は彼に逆ギレ…いえ、怒ったんですか?」

バックミラー越しに舞香と目が合う。

「うん、まあ、そのとおりですね」

「悲しいのは、彼も同じだったと思いますよ」

「えっ」

「さきほど彼は、とても悲しい顔をしてました。失礼とは思いつつ、バックミラー越しに見てしまいました」



「でも…」と舞香は話を続ける。

「でも、いつもは怒らない彼が、悲しかったという理由だけで、タクシーを途中で降りるほどに感情を乱すとは思えません」

カップルが途中でケンカして、片方だけ先にタクシーを降りることは、年に1度あるかないかだと舞香は言う。

「おそらく『悲しい』以外に、なにか怒る理由があったのだと思います」

「それって?」

京子は前のめりになって尋ねる。

「それこそ、私にはわかりかねます。お電話して聞いてみたらいかがですか?」

ぐうの音もでない、と京子は思った。タクシーは環七通り手前にある同棲中の自宅マンション前に到着する。

「料金はネット決済ですませております。どうぞお気をつけて、お降りください」

京子は、軽く会釈してから降車した。

去り際、舞香は言った。

「どうぞ、お幸せに」

タクシーが消えると、京子はスマホを取り出す。時刻は23時半を回るところだった。

迷いながらも、LINEで慎太郎への謝罪文を打ち始める。

しかしすぐに面倒になり、舞香に言われたとおり電話をしてみることにした。

「もしもし?あのさ…さっきはごめんね」

「こっちこそ、ごめん」

慎太郎は途中で降車したことを詫びた。頭を冷やすために、歩こうと思ったのだという。

「悪かったよ。0時までには、絶対に帰るから」

「時間なんて気にしなくていいから、気をつけて帰ってきて」

「ダメだよ。0時までに帰らないと」

「なんで?」

「だって0時を越えたら明日になるだろ?今日は俺たちが付き合い始めた記念日だろ?今日中に祝いたいじゃん。

今夜は、京子がそれを忘れて飲みに行っちゃったから、俺、イラっとしちゃってさ。

ごめんね」

京子は返す言葉がなかった。

― 慎太郎の言うとおりだ。大事な日を忘れていた…。

15分後、慎太郎が帰宅。

京子は号泣しながら、何度も何度も何度も、頭を下げて謝罪をした。

「泣きすぎだよ。そんなに泣かなくていいよ」

慎太郎はそれを見て大いに笑ってくれた。

― この人は、本当に優しい人だ。

そう気づいた京子は、慎太郎に感謝の気持ちでいっぱいになるのだった。


▶前回:港区女子を辞め、運転手に転職した美女。きっかけは?

▶Next:9月23日 金曜更新予定
ズブ濡れで乗車した女性は、一世一代の告白に失敗した直後で…。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル