top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

タイツの「毛玉だらけ」を防ぐ!「レッグウォーマー」の活用法が目からうろこ。

東京バーゲンマニア

×

冬に向け、ブーツを履く機会も増えますよね。ブーツの下は「タイツ」という人がほとんどと思いますが、ブーツのファスナー部分や履き口などの摩擦で、タイツが毛玉になってしまうこと、ありませんか?

そんなときは、「レッグウォーマー」を活用するのがおすすめ! おしゃれさや暖かさも確保しつつ、タイツが”モケモケ”になるのも防げますよ

つま先もキツくなりにくい!

「レッグウォーマー」の活用方法を紹介したのは、靴下専門店を展開するタビオの公式ツイッターです。2022年9月5日、

「タイツって摩擦で簡単にモケモケになっちゃうんで、レッグウォーマーとかをこんな感じで使うと、履き口の摩擦予防になる&つま先はキツくなりにくいんで便利ですよ!」

広告の後にも続きます

として、土踏まず部分までレッグウォーマーを着用している写真を投稿しました。

レッグウォーマーと聞くと足首から膝下くらいまでを覆うイメージですが、それを土踏まずくらいまで覆い、摩擦からタイツを守るというのは為になりますよね。このツイートには9月12日現在、5500を超える「いいね」がつけられています。

本来であればタイツ+靴下の2重履きがおすすめだといいますが、靴がキツくなってしまうのを避けるためにも、レギンスやレッグウォーマーの活用が吉

また

「ブーツと組み合わせる時はなるべく薄いタイプのレッグウォーマーをチョイスした方がよい
「ブーツがブカブカになる人はレッグウォーマーの分厚さで隙間を埋めるなどにご活用ください」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル