top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

戸田恵梨香が「気持ち悪いのよ」と永野芽郁に吐き捨てる 『母性』本予告公開

Real Sound

『母性』©︎2022 映画「母性」製作委員会

 11月23日に全国ロードショーされる戸田恵梨香と永野芽郁の共演作『母性』の本予告が公開された。

参考:戸田恵梨香×永野芽郁、映画『母性』で初の母娘役に ポスタービジュアル&特報映像も

 本作は、累計発行部数360万部を超え、2010年に映画興行収入38.5億円を記録した『告白』(双葉社)の著者・湊かなえが、「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」と語った同名小説を映画化するもの。『ストロボ・エッジ』『ノイズ』の廣木隆一が監督を務める。

 母性を持てず、娘を愛せない母親・ルミ子を戸田が演じ、母性を求め、母に愛されたい娘・清佳役を永野が担当。戸田と永野は、ドラマ『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』(2021年/日本テレビ系)で先輩・後輩役として共演しているが、本作では初の母娘役に挑んだ。さらに、ルミ子の実母“お上品なママ”役で大地真央、ルミ子の夫の母“口が悪すぎる義母”役で高畑淳子、ルミ子の夫“無関心父”役で三浦誠己、ルミ子の親友“わけ知り顔女”役で中村ゆり、ルミ子の義妹“依存しすぎ娘”役で山下リオが出演する。

 公開された本予告では、戸田演じる娘を愛せない母・ルミ子の「私が間違えていたのです……」という懺悔ともとれる告白の後に、女子高生死亡事件の映像が映し出される。女子高生が自ら命を絶った。その真相は不明。果たして事故か、自殺か、殺人か。JUJUが書き下ろした主題歌「花」にのせて、すれ違う母と娘の180度違う証言が紡がれていく。「気持ち悪いのよ……」「私の努力をあんたが台無しにしてるのよ」とルミ子から娘・清佳(永野芽郁)へ向けられる言葉。清佳からも「頭おかしいんじゃないの?」と真っ向からすれ違う母娘。予告の最後には、清佳を抱きしめるルミ子の姿が「私は娘を強く抱きしめて言ったのです」という戸田のモノローグに載せて映し出さると、一転して清佳の首を絞める姿に切り替わる映像が映し出される。

広告の後にも続きます

 さらに、本作には母という名の怪物たちも登場する。大地が演じるルミ子の母親は、「まぁ! 素敵ね!」が口癖で理想の世界に生きるママ。無償の愛を娘に注ぎ育て、ルミ子と異常なまでの強い絆で結ばれている、物語のカギを握るキャラクターだ。また高畑が演じる口が悪すぎるルミ子の義母は、「文句があるなら出ていけばいいだろ?」「それでも、お前は母親か!!」などルミ子へきつく当たる一方で、自分の娘には過剰な優しさで接する一面を持つキャラクターとなっている。

 なお、本予告のナレーションは声優の梶裕貴が担当している。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル