top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

加藤浩次が痛恨!ヤクルト村上への「1億円豪邸プレゼント企画」でまさかの失言

アサ芸Biz

×

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が9月14日、MCを務める「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。痛恨の失言をおかした。

 プロ野球・ヤクルト村上宗隆内野手は、9月13日の巨人戦で元巨人の王貞治氏と並ぶ日本選手最多となる55号ホームランを放った。プロ野球記録は元ヤクルトのバレンティン選手による60本。村上は残り15試合で記録更新がかかる。

 番組でも村上の活躍を特集。野球にはあまり詳しくないという加藤も村上の快挙に興奮し、「そして家をね、マンションを手に入れてほしい」とエールを送った。

 不動産会社の「オープンハウス」はヤクルトの本拠地である神宮球場の試合で、村上の56号以降のホームランが対象ゾーンに入ったら、土地代と合わせて上限1億円で、都内の好立地にある家をプレゼントすると発表(マンションも可)。村上の神宮球場での試合はあと7試合。早ければ9月22日の中日戦で達成する。

広告の後にも続きます

 加藤としても、村上に1億円の家をゲットしてほしいという気持ちが強かったのだろう。ところが、このプレゼント企画にあまり詳しくなかったようだ。同局の弘竜太郎アナが「あと1本、神宮球場でホームランを入れれば、家も獲得しますので」と説明した後、「パナホームでしたっけ? えっ違う?」とまさかの発言。弘アナが冷静に「オープンハウスです」と訂正すると、加藤は「絶対、間違えちゃいけないところ。オープンハウスさんです。オープンハウス!」と声を大にして強調した。

 ネット上でも「オープンハウスなのにパナホーム。加藤さん、動揺していましたけど」「オープンハウスは間違ってはいけない」「オープンハウスに失礼」といった声が上がっていた。

「たしかに、オープンハウスには失礼な発言でした。ただ、加藤が間違いに気づいた後、〝オープンハウス〟と連呼したことで、逆に視聴者にインパクトを与えることにもなりました。オープンハウスの1億円の豪邸プレゼントは、テレビや新聞、ネットで何度も取り上げられ、すでに1億円以上の広告価値を手にしたといわれています。加藤の記憶違いくらいは、余裕で見ているでしょう」(スポーツ紙記者)

 村上が1億円の家をゲットしたときは、今度こそ間違えないように。

(石田英明)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル