top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

エボニー 2023年春夏コレクション – “草木が芽吹く瞬間”のいきいきとした世界

FASHION PRESS

×

エボニー 2023年春夏コレクション – “草木が芽吹く瞬間”のいきいきとした世界

エボニー(EBONY)の2023年春夏コレクションが発表された。

“草木が芽吹く瞬間”にフォーカス

全国各地から厳選した素材と上品なシルエットによって、“女性の美しさを引き出す服”を提案しているエボニー。「スプラウト」をテーマに掲げる今季は、草木が芽吹くときのいきいきとした表情を洋服に落とし込んだ。

“白木蓮”を和紙で表現したピース

目を惹くのは、美しく咲き誇る“白木蓮”のモチーフをあしらったジャケットやパンツ。生地は京都で製作したもので、シアーなベース生地に光沢感のある和紙を張り合わせたオリジナルテキスタイルだ。アイテム自体のシルエットはシンプルだが、和紙がもたらす繊細なテクスチャーと程よい透け感によって、センシュアルな表情を引き出している。

ジャカードパンツに大輪の花を咲かせて

ホワイトのベースにグリーンの“白木蓮”をあしらったパンツは、群馬県桐生市で織られた繊細なジャカード素材。光沢のあるベースにマットな質感のモチーフを重ねることで、立体感をプラスしている。トップスには華奢なストラップを付けたキャミソールを合わせ、ヘルシーな美しさが際立つスタイリングに。

クラフト感溢れる凸凹ストライプ

しなやかな肌触りのキャミソール&ロングスカートは、凸凹としたストライプを配しているのが特徴。透け感と光沢感のあるベースに、ライン部分は太番手の糸をミックスしてランダムなうねりが出るように作成。クラフト感漂う、温かみのあるテキスタイルに仕上げている。

生命力を感じさせるグリーンの多色プリント

広告の後にも続きます

ほのかに透ける柔らかいコットン素材のブラウスやワンピースには、“草花が芽吹く瞬間”を抽象的に表現したプリントをオン。柔らかなライトイエローや鮮やかなグリーンなど複数の緑を用いて、生命力あふれる自然の姿を表現した。

春夏のいきいきとしたカラーで

なお、カラーパレットはホワイトやブラックといったモノトーンのカラーを基調に、春の訪れを感じさせるレモンイエローや、新緑の季節を思わせるグリーンを差し込んで。コレクション全体を通して、自然の息遣いを感じられるフレッシュなカラーリングでまとめ上げた。

TOPICS

ジャンル